サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. a.w.さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年4月)

a.w.さんのレビュー一覧

投稿者:a.w.

3 件中 1 件~ 3 件を表示

映像の詩人カラックスの真実

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 何年も前に「ポンヌフの恋人」をビデオで観たとき、ハッピーエンディングの意味がわからなかった。しかし、その数日後この本を読んだ時、監督の意に反してハッピーエンディングにしなくてはならなかった事情を知り、また彼の本当にその映画で描きたかったものを知り、彼の真実を知ることが出来た。
 「ボーイ・ミーツ・ガール」「汚れた血」「ポンヌフの恋人」いわゆるカラックス青春三部作の背後にあった彼の思いを丁寧にインタビューで追うこの本は最近のうかれたインタビューとはほどとおい質の高さをもっている。
 カラックスを知ろうと思った人にぜひおすすめしたい。一瞬一瞬が張り詰めた美しさもつ、カラックスの深く繊細な世界がそこに密やかに語られている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本伊豆の踊子 改版

2001/07/13 00:29

名品「禽獣」

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 表題にもなっている「伊豆の踊り子」は多くの教科書に載っており川端の代表作といったふうにみられがちであるが、実はこの文庫本で特に読むに値するのは「踊り子」ではなく、「禽獣」ではないかと思われる。鋭利な刃物のような研ぎ澄まされた川端の視線にえぐりだされた世界は短い文章の中に凝縮され、未解決のままほおりだされている。生まれつき孤独で愛情がなんたるか体験したことのない男の偏執的な「禽獣」への執着・愛情。それは一見わかりにくい屈折であるが、本当の孤独を感じたもののみが描き出せる、愛情の逆説的表現なのである。
 この新潮文庫に収められている作品は他に三島由紀夫が往復書簡のなかで誉めていた「抒情歌」と「温泉宿」であるが、どちらも作品として高度の完成度をみせている。川端をより知ろうと思う人はぜひ、今紹介した3作品を読んでいただきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ゴダールの文法

2001/07/30 15:11

ゴダールの文法?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 破壊、創造、感情、政治、色、戦争、詩、死、ヌーベルバーグはヌーベルモンドだった。ゴダールは言った「映画とは音楽が組み立てられるように組み立てられた絵画だ」と。彼らは追った、さまざまなカットで感情の詩的変遷を。しかし、それは時にあまりに巧妙に組み立てられ、あたかも未解決な芸術であるように思われた。しかし、その美しさの理由は短時間に語り尽くせない激しい主張だった。この本は、難解といわれるゴダール作品の真意をつかもうと、「気狂いピエロ」をとりあげて、作者がその映像の理由を追う。ところどころ、これは本当にそうだろうかと考えざるを得ない箇所があったが、それは個人の感性の違いとして見逃すことにすると、ああ、あの映像の導入はそういう背景があったのかと新たな発見もでき、興味深かった。
 しかし、ゴダール作品が分からないという人に、これを読めと薦めることはできない。なぜなら、ゴダールの作品というのは、観ることのできる人にとっては(特に気狂いピエロは)一度みたら表現できぬ感動を覚えるものだし、わからないから理解するというものでもない。分からないという人は、まず自分の好きな種類の映画をたくさん観てからの話だろう。この本はゴダール作品の好きな人間がほんの少しの参考に目を通す種類のものと思われる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示