サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. CHACHAさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

CHACHAさんのレビュー一覧

投稿者:CHACHA

1 件中 1 件~ 1 件を表示

ショック!「ハリー敗北!?」再起は絶望的(か?)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 今回もしょっぱなから不幸なハリー。ウィーズリー一家がちょっとした幸運に恵まれただけに余計不幸が際だちます。
 タイトルは東スポ風(笑)クイディッチで初敗北、そして新型箒への乗り換えという「ガンダム」を思わせる展開が見られます。前回に比べるとどんでん返しが目立つ第3作。
 タイトルにもある「アズカバンの囚人」の正体と今は亡きハリーの父親、新任の「闇の魔術に対する防衛術」教師、そして第一作から登場している意外な人物(?)が今回のキーパーソン。そして今回登場するハーマイオニーのペット(猫)が意外なほどストーリーに絡んできます。
 闇の帝王「例のあの人」(直接登場はしない)の今回の手下は誰か? がメインの謎になってくるのですが、そこは当然内緒。終盤、その手下との戦いで正体が明らかにされる所で1回目の、その後にもう一回と二回のどんでん返しが用意され、1回目でもう終わった気分になっているとけっこうショックを受けます。
 その他にも授業で登場する様々な妖怪やモンスター(ちなみに表紙に書かれているのは、わりと有名なグリフォンではありません)や魔法界の風物が楽しませてくれます。
 しかも一つ一つのシーンに細かく伏線が張られていてうっかりすると見逃しがち。全ての伏線を頭に入れながら二度三度と読み返して見る事をおすすめします。
 ラストは、前作・前前作に比べるとちょっとスッキリしない感じ。まぁ次回への期待はより高まりますが。
 と言う訳で総合評価星四つ。これを読んだ人で言いたくなる文句はただ一つ。「次回作を早く翻訳しろ!!」(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示