サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. アユムさんのレビュー一覧

アユムさんのレビュー一覧

投稿者:アユム

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本女生徒

2001/07/28 08:34

狂気という名の“本日晴天”

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 僕は、写真という表現形態にほとんど、興味がない。
 だから大学時代、周りの人間のなかで、ちょっとした写真ブームになった時期があって、友達がカメラと魚眼レンズを保存するために冷蔵庫みたいな、バカ高い保存ケースを買ったりした時は、当然カメラを隠して、缶チューハイを敷き詰めたりして、本気で怒られた。
 でも何かの雑誌の巻頭カラーで、佐内正史の写真を見たとき、ページをめくる手が、かなりの間止まったのを憶えている。
 「静かな気分のまま、狂っていく。しかも冷静にそれを、みてる。本日晴天。」
 そんな風に僕は感じた。それは、日傘をさしたおばちゃんが、団地のような場所をただ歩いている写真だった。僕は時々、その写真を見返しては「この、いっちゃった感じは、なんなんだろう?」と考えたりした。そして、その写真を見るたびに、後頭部に軽い日射を受け、徐々に過去の記憶が薄くなって、瞬間の“意識”が鋭利になってゆくのを感じた。そしてその感覚は、悪くない感覚だった。
 その後、彼の写真は音楽誌等で、目にする事があったけど、そのとき感じたような、強烈な感じはあまりなかった。最初に観た写真は、写真集に収められる予定の作品であったので、彼の作家性がストレートに表現されていたんだろうと、僕は想像したけれど、その写真が載った写真集は気が付けば絶版になってしまっていた。
 そして、僕は転勤になった店(本屋さんなんです)の棚の片隅にターン(返品)される寸前のこの本を見つけた。そして、その中の写真は、あの日僕が感じた、“あの感覚”に満ちていた。僕は迷わず多くの、本を愛する貧乏書店員が持つと言われる、「マイストック」にその本を放り込むと、ささやかな給料日を待たずして購入した。
 本というのは、たぶんこんな本のことを言うんだ。シンプルで上品な装幀、何度も手に取りたくなる素材感、そしてお気に入りの表現者と、特別な“感情”。
 すべて、読み終えてから写真だけをパラパラと、追っていたら、彼の魔法は“緑”に関わってるのかなぁ、と少し感じた。少なくても僕にとっては。
 最後に太宰の、この作品について少しだけ。
 「あさ、目を覚ますときの気持ちは、面白い。」
 この言葉から、物語はスタートする。
 素敵じゃないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示