サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 杏佳さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年4月)

杏佳さんのレビュー一覧

投稿者:杏佳

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本コイズム

2001/07/17 19:45

「コイズム」のすすめ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 “小泉純一郎・著作”の本が発売される、ということで喜び勇んで本屋に行って、そしてこの本を見つけたときに「えーっ!! こんな本なのぉー」と叫んでしまった純ちゃんファンは多いだろう。
 がっかりさせられたのは次の2点。まず絵が似てない。そして小泉純一郎著、とあっても、実際には以前の発言をまとめただけのものだという点。
 それでも手にとって読んでみるとこれが結構面白い。最初違和感のあった業田良家氏の漫画が、読みすすめるうちにしっくりなじんでくる。思わず「うふふ」と笑ってしまう4コマ漫画が盛りだくさん。
 また「小泉VS女子高生、真夏の対決!」なる企画。今から5年前の対談だというが
 
「政治家で仲のいい人っていますか?」
「私を含めて、YKKって言われてる3人、知ってるでしょ?」
「YKK? ファスナーですか?」

 といった会話が延々続く(笑)。逆に小泉氏が当時流行りのプリクラについて女子高生に質問するなど、結構うちとけているところがかわいらしい。

 さて、この本の主な中味については、平成7年9年にかけて「ヤングマガジン・エグゼクタ」という青年漫画誌に連載された小泉氏の発言をまとめたものだというが、驚くのは数年前のこれらの発言と、現在の発言にあまりブレがない、ということである。これは他の小泉氏の著書を読んでも感じたことではある。
 こんなに国民に人気が出て一躍有名になっても、5年前に女子高生に「小泉さんて何してる人なんですか? 俳優? ニュースキャスター?」なんて言われていた時代と、基本ラインは何も変わっていないのである。
 そんな小泉純一郎という人の頑固さ、一途さを改めて感じることのできる一冊。気楽に読めて、楽しい本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示