サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. oh−keiさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

oh−keiさんのレビュー一覧

投稿者:oh−kei

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本温室デイズ

2006/08/02 10:47

子供たちへの救いの手。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

学級崩壊といじめという、中学校の教師という裏の顔(表の顔?)を持つ作者が向き合わざるを得なかったであろうテーマを扱った作品。
崩壊に向かっていくクラスを正そうとするがゆえにいじめを受けるようになるが、決して安易に逃げずにいじめに耐え、やり過ごし、卒業まで教室に通い続けるみちる。そして小学校時代にいじめられた経験を持つがゆえにそのつらさを知り、友人がいじめられる姿を見ていられずクラスに通えなくなり、別室登校を選ぶ優子。たがいに違う向き合い方を選んだ二人の視点で話は進む。
主人公のような立場に立たされたとき、逃げないという選択もあるし、逃げるという選択もある。逃げずに強くあれば得られるものは必ずあるし、逃げてどこまで落ちても救い上げてくれる仕組みが世の中にはできている。この選択が正しいなどというものはない。どういう選択肢をとってもいいのだと、作者が子供たちに救いの手を差し伸べてくれているかのような作品だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示