サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. りりえんたーらさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

りりえんたーらさんのレビュー一覧

投稿者:りりえんたーら

3 件中 1 件~ 3 件を表示

海辺のボタン工場

2001/09/09 19:01

ボタンやさんのもうひとつの仕事。それは…。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 とてもすてきなボタンがあります。おひさまの光が当たると色が変わり、夜はきらきらと光り、耳を澄ますと、優しくて懐かしい音のするボタンです。
 「なになに、そんなすてきなボタンがあるの? 見てみたいな」と、心の中が、むずむずしてきませんか? これは、すてきなボタンを作るボタンやさんと、親切な仕立屋さんの話です。しかも、このボタンやさん。海の番人という仕事も持っています。海の番人ってどんな仕事ですかって?それは、読んでからのお楽しみ。

 仕事というと、自分のできないことであっても、無理をしてしまうことありませんか? 「これは自分の仕事なのだから、全部一人でやらなくちゃ」と、きりきりすることありますよね。でもこのボタンやさんは、違います。子供が生まれて忙しさのあまり、海の番人の仕事が、間に合いそうもありません。そこへ、仕立屋さんが訪ねてくると、仕事の手伝いを頼みます。かといって、全部仕立屋さんに任せるのではありません。大切なところは、きっちり自分でやり遂げます。
 「ほらほら、仕事は肩肘張らずに、自然体でいこう」と、仕立屋さんの声が、聞こえてきそうな本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本おおきなテーブル

2001/09/09 18:57

おばあさんは、大きなテーブルから元気をもらいます。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ウサギのおばあさんが、晩ご飯を食べているのは、8人掛けの大きなテーブル。一人暮らしのおばあさんには、大きすぎますよね。でもそれは、夫が家族のために作ったテーブルです。そして、おばあさんがアイロンをかけ、子供たちは宿題をし、家族がつどうテーブルでした。
 晩ご飯の後、おばあさんは、家族のぬくもりを思い出そうと、テーブルに顔をおしあてます。すると、おばあさんの耳に懐かしい声がよみがえってきて…。
 
 なんとなく寂しくなってしまう話なのですが、読み終わると、なぜか心が温かくなります。それは、すてきなおしまいのせい? それとも、おばあさんが、家族を大切に思う心のせいなのでしょうか?誰にとっても、暖かい家族がいるっていいですよね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本りんご

2001/09/09 18:55

りんごの木が届ける心あたたまる話

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 丘のすそに、リスがりんごの種を植えると、やがて芽を出しました。幼いりんごの木には、つらいこと、わからないことがたくさんありますが、なんとか乗り越え、少しずつ、成長をしていきます。やがて、りんごの木は、枝いっぱいに真っ赤な実をつけますが、嵐が来て、どうなるのでしょうか?

 森には、優しい月やいろんな動物が住んでいて、りんごの木は、ひとりぼっちではありません。お互いに、自分で意識することもあれば、無意識のうちに、誰かを助けていたり、助けられていたり。みんなつながって生きています。
 ひとりではないこと。それは、生きることにとって、大きな力となります。そのすばらしさを、静かに語るこの本は、読むほどに、感動が深まります。では、すてきな終わりの部分を、お楽しみに。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示