サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 田近伸和(『未来のアトム』の著者)さんのレビュー一覧

田近伸和(『未来のアトム』の著者)さんのレビュー一覧

投稿者:田近伸和(『未来のアトム』の著者)

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本未来のアトム

2001/07/29 19:03

田口善弘さんの「識者書評」の誤りを正します

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 私は『未来のアトム』の著者の田近伸和です。中央大学理工学部物理学科助教授の田口善弘さんが「識者書評」で批判されていることには、誤読に基づくとしか思えない箇所があります。その結果、私の考え方や『未来のアトム』の内容を、はなはだゆがめて喧伝するデマゴギー的なものになっています。私は田口さんにメールで訂正を求めましたが、田口さんはその必要を認めず、「不満があれば反論を『読者書評』に投稿されることをお勧めします」と返信されました。よって、そうさせていただきます。
 田口さんは「識者書評」で、私が主張していないことを、あたかも主張しているかのように断定されています。それは2箇所あります。一つは、「例えば、著者は第6章で心が脳の機能に過ぎない、ということを否定してしまっている」と書いておられる点です。しかし、私は『未来のアトム』の中でそんなことは一言もいっていませんし、そんな単純で愚かな結論を下していません。
 「心は脳の機能である」というのは、現代科学の常識です。それを頭から否定するのは、よほどブッ飛んだ唯心論者ということになります。私は、現代科学のその常識は、常識として認めた上で論を展開しているのです。私は唯心論者ではありません。
 私が『未来のアトム』の中で指摘したのは、脳という物質が、知覚、意識、心という精神的現象を生んでいるというのは現代科学の常識になっているが、そのメカニズムやプロセスは、まだまったくといってよいほど明らかになっていないということなのです。脳という物質と精神的現象とは深い関係があるのは確かですが、脳という物質が精神的現象を生んでいるということは、科学的にまだ実証されているわけではない、つまり、それは、その意味ではまだ仮説にすぎないという事実を指摘したのです。仮説であるものを、実証済みの事実のように扱うのは、それこそ非科学的な態度です。私はその「行き過ぎ」に注意を促しただけです。
 二つめは、田口さんが「なぜ、そこから出てくる結論が『精神は脳の機能ではない』という唯心論なのか? 理解に苦しむ」と書いておられる点です。しかし、私は、そんな単純な「結論」を下していません。私は唯心論者ではなく、唯心論への懐疑は当然持っています。私は『未来のアトム』の中で、唯心論を支持するために、先のような指摘をしたのではないということを、読者に注意を促しつつ、繰り返し述べています。
 私が身を置いているのは、いうなれば「常識」の立場です。その「常識」から見ると、唯物論も唯心論も共に実証されていないという点では同じであり、どちらかを信じるというのは、現段階では信念というか、信仰にほかならないということになります。
 優れた数理物理学者であるぺンローズは「物質から精神が生じるという考え方には根本的な疑問がある」と述べ、唯物論に堂々と懐疑を提出しています。優れた科学者の中にも、唯物論に懐疑を唱える人は当然います。それに、科学の基盤となる数学の世界は、そもそもプラトン的な世界(唯心論的世界)です。唯物論でなければ科学に非ずというのは、その点でも、あまりにも狭隘な考え方です。精神的世界という「質」にかかわる世界を科学的に解明していくためには、科学の従来のパラダイムの抜本的な変革が必要なのではないか、と私は考えています。
 「識者書評」を担当されている人が、唯物論から少しでも外れる思考法がありうることが示唆されているというだけで、「科学書ではない」と短兵急に断じられたり、唯物論に立脚しない考え方の行き着く先には、「サリンを作ってまいてしまった某教団があることは間違いが無い」などと、あまりにも飛躍したエキセントリックな文章をつづられるものではありません。それは、思考における唯物論ファシズムというものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示