サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 9式さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

9式さんのレビュー一覧

投稿者:9式

1 件中 1 件~ 1 件を表示

ワタシハココニイル

2001/08/02 04:08

ワタシハココニイテイイノ?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 幸せだと感じてしまったら、それが壊れてしまうのが怖いから幸せだとは思わない。辛いことがあっても、それを感じないように自分に心があることを忘れようとする。本当の自分を見せてしまったら「取るに足らないヤツ」と嫌われてしまいそうで怖い。こんな臆病で傷つきやすい自分が嫌い…。

 「ニュースステーション」などで、緊張しながらも明るく振舞う真中瞳さんの姿からは、とても想像できない意外な告白。実際、このエッセイを読めば彼女に対する印象が変わるでしょう。
 中学生のとき、辛い現実から逃避するために彼女は「女優になりたい!」という願望を抱くようになります。飾ることなく率直に語られる、不器用で真摯な半生と価値観。高校時代に落ち続けたオーディション、家庭内に居場所がなかった幼少期、両親の離婚、叔母宅で過ごした青春時代、孤独癖、極端な人見知り、破滅願望、コンプレックス、親友、失恋。
 ところが長年かかって念願のデビューを果たした後、ドラマやバラエティ番組の現場でスタッフからぶつけられたコトバは「おまえ、芝居をなめてかかっているだろう」「君って、意外と面白くない子なんだね」。現実逃避の場所だったはずの世界。自分の居場所だと思っていた芸能界。でも自分には満足な仕事ができない。「ワタシハココニイテイイノ?」と自問していたときに舞い込んだ初主演映画『ココニイルコト』の出演依頼。突然の大役に戸惑いながらも、心を閉ざして希望を持つ勇気を失ってしまっている主人公「相葉志乃」と自分との内面の相似性に、彼女はのめり込んでいく…。
 いま、彼女は日々、迷いながらも自分の居場所を見つけつつあるようです。『ワタシハココニイル』というタイトルは、実に絶妙。読了後、じわりと感じ入るものがあります。
 夢を追い続けている人、心が傷ついている人、自分が好きになれない人…。そういった方々にぜひ読んでほしい。ハートに染みいってくるものが必ずあるはずです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示