サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. テンダーパピーさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

テンダーパピーさんのレビュー一覧

投稿者:テンダーパピー

14 件中 1 件~ 14 件を表示

紙の本ココロもカラダも手に入れろ!

2002/03/29 13:37

好きになったら一直線!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 高校二年生の朋は、夜遊びをしていて終電を逃してしまい、偶然会った数学教師・吉野の家に泊めてもらうことに。
 ところが、夜遅くまで遊んでいたお仕置きに、朋は吉野にエッチされてしまう。
 最初は抵抗したけれど、単純な朋は、この日から吉野のことを好きになってしまって!?

 禁断の(笑)教師x生徒、学園ものです♪
 まるでエロ親父のように、あっさりと生徒の朋に手を出してしまった吉野先生。そのくせ、朋を好きな自分の気持ちを素直に認められない意地っ張りなところもあったりして、大人は複雑な様子。

 一方お子さまな朋は、自分の気持ちを照れることなく吉野先生にぶつけます。まっすぐな性格で、自分に嘘がつけないタイプの朋は、好きになったら一直線!

 若さと情熱で押しまくる朋には、どんな頑固な大人だって適いません。

 最後は当然、ハッピーエンドです♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ひみつの媚薬

2002/02/21 22:34

男の子なのに、男を誘うフェロモン!?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「俺って男を誘うカラダなの!?」平凡な高校生・和貴の悩みは、男だけを惹き寄せてしまう『フェロモン』体質。そのせいで和貴は男子校のアイドルに! でも、みんなに優しい生徒会長の羽鳥は、なぜか和貴には意地悪で…。
 彼にはどうやらフェロモンが効かないらしい。ところが、ある日突然羽鳥が告白してきた!!熱い瞳はフェロモンのせい…? 和貴は羽鳥の気持ちが見えなくて——。

 読んでいて、元気でとっても男の子らしい主人公・和貴に好感を抱きました。男と恋愛なんて、とんでもない! という常識を持ち、フェロモンに悩んで、男である羽鳥との関係に悩んで…。自分に好意を寄せるのは、フェロモンのせいだけだとしたらどうしよう! 本当に好かれているのか、自信が持てない…。そんな和貴の気持ちと葛藤が、手にとるように伝わってきて切ないです。
 もちろん、切なく苦しい時間を超えてみれば、羽鳥との甘い恋が待っているのですが。読んでいて共感出来る部分も多い作品でした。なかなか、お勧めです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本船が出る前に

2002/02/21 18:20

悩んで、泣いて、大人になってゆく。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 神名木那智は、ごく普通の高校二年生。そして、那智の恋人・京野秀一は、一つ年上の高校三年生。物語は、等身大の高校生達の成長を、恋に絡めて丁寧に描いた秀作です。

 プラトニックな関係や、自分自身へのコンプレックスに悩む那智と、那智への独占欲を制御出来ない秀一とのお話。他に、もう一作先生を好きになった生徒の恋物語が収録されています。

 読み終わった後に、暖かく心に残るものがある。そんな作品集、読んでみたくはなりませんか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ロマンティック・デザート

2002/02/21 17:55

砂漠の国で、熱い恋!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 旅先の砂漠の国。 オレは王者のように優雅でセクシーな男・イスファにいきなり告白されちゃった! 強引な彼の瞳に逆らえないのは何故っ!? (それは恋のせい/笑)

 砂漠+王子様、なんて魅力的な設定! 更に、お相手が可愛い日本人の男の子とくれば、読まずにはいられません! 砂漠の王子様とめちゃくちゃ熱い恋、必見ですよ♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本東京ハードナイト

2002/01/06 00:21

超、大人向け!?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 好評シリーズの第3弾は、題名通りかなり大人向けな作品です(笑)。
 天涯孤独な主人公・由一が、バイト先の花屋の店長が作った借金のカタに、ヤクザに拉致されてしまいます。苦悩する由一の前に現れたヤクザの幹部・堂本は、自分のものになれと由一にせまります。無理やり唇を奪われ、執拗な愛撫に抵抗しつつも溺れていく由一。だけど、ある時スキをついて逃げ出してしまい…。離れている間に自分の気持ちを見つめなおし、堂本への愛を自覚した由一に、もう迷いはありません。もちろん、最後はハッピーエンド♪
 私個人的には、ヤクザの堂本さん大プッシュです! 由一に対して、すごく一途なんですよ〜。こんな人に、ここまで愛されたら嬉しいですよネ♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本東京セクシーナイト

2002/01/06 00:01

イヤもキライも好きのうち♪

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ヤクザの世界を舞台に、激しく燃え上がる愛を描く『東京』シリーズ第2弾です。
 心優しい主人公・友姫が、同じ高校に通うヤクザの跡取り息子・竜神に目を付けられて、その気持ちを拒んだことから調教されてしまうという、超ハードなお話です。支配者のような竜神に、屈服する快感を覚えこまされた友姫は、いつしか気持ちまでも囚われて…。
 SM色の強いお話ですが、最後はラブラブハッピーエンドなので、「SMはちょっと…」と言う方も安心です(笑)。この『東京』シリーズは好評のようで、第3弾にあたる『東京ハードナイト』も発売されていますよ♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2001/12/25 19:22

ここまで想われれば本望!?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 祝!ピアスノベルズ創刊♪
 『力ずくで奪うーーそんな愛し方もあると知れ!』このフレーズに惹かれて、思わず買ってしまいました。かなり、大人の女性向けですヨ(笑)。極道モノのお話なので、最初はちょっと…って思ったのですが、買って損はなかったです。かなりお勧めです♪
 内容に触れるとこんな感じです↓。
 関西系暴力団・岩城組二代目組長の妾腹として生まれ育った高校生・志方廉。組長跡目である腹違いの弟に憎悪を燃やす彼の前に、牙を剥く獣のように危険な男・久堂了司が現れた時から、運命の歯車が狂い始めた。
 死んだ弟の身代わりに三代目組長として軟禁され、自由を奪われてしまう廉。抗う術もなく凶暴な行為に犯される日々の中で、やがて彼の中にも九堂に対する真紅の激情が芽生えてーー!!

 これを読んだら、大人の貴方はほら! 早速買いたくなりませんか(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本最低の恋人

2002/04/13 23:42

友情以上、恋人未満の二人

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 男前だけど超タラシ---そんな評判の勝利となりゆきで一晩を過ごした賢吾。でも、高校の入学式でまさかの再会! 口説き口調で迫ってくる勝利だけど、賢吾を抱きしめる腕はすごく優しい。身体だけの関係と思いつつ、毎日のように学校帰りに身体を重ね合う二人。友情以上、恋人未満の不安定な関係は、いつしか勝利への恋心を覚えていた賢吾には辛くて…。

 クールでドライな賢吾は、人前で激しい感情を表すことは少ないけど、その分だけ、時折見せる勝利への気持ちが切ないです。一方、賢吾の気持ちに気付きながらも、自分の気持ちがはっきり見えず、答えを返すことが出来ない勝利がもどかしい。こんな二人の恋の行方は、もちろん…!?

 心情的にはシリアスですが、お話がしんみりしないのも、この作品の良いところだと思います。文章のテンポが良く、一気にさらっと読むことが出来ました♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本秘密の恋でもいいじゃない

2002/02/26 19:01

スキャンダルなんて、どこ吹く風

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 代理教員として高校に赴任してきた主人公・飯田智弘は、以前プールで溺れていた所を助けてくれた生徒・風見恵と運命の再会を果たします。実は可愛い智弘に一目惚れ♪ だった恵は、プールで助けたお礼に、自分と付き合うことを、智弘に強引に承知させます。さらに何も知らない純真な高校生を装って、「先生にHを教えて欲しいんだ」とせまってき…!?
 教師と生徒という立場もなんのその! だって、お互いに好きなんだもん。バレなきゃいいでしょう? なんて強気に、そして前向きに頑張る二人に完敗です。

 …というわけで、『秘密の恋でもいいじゃない』お勧めです♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本甘え上手なエゴイスト

2002/02/21 17:31

スイート・オフィスラブはいかが?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 社長直々のご指名で、今日から俺が直属の秘書!? 営業マンだった俺・藤城彰宏に突然の辞令を下したのは、年下の二代目社長…なんと趣味のサークルで知り合った友人・真崎啓久だったのだ。おまけに彼に密かに恋してた俺は、甘えて懐いてくる啓久を拒めず、同居までするハメに!!

 公私ともに甘〜い生活♪ 途中色々あるけれど、それも恋のスパイスのうち! 二人でなら頑張って、乗り越えていけるよね。恋は人を強くしてくれるのです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本君に濡れる

2002/01/05 23:50

ちょっと、マンネリ気味かも?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 期待に胸を膨らませつつ、買ってきました『君に濡れる』!!

 格好良くて優しい生徒会長の律は、真季の幼なじみ。久しぶりに泊まりに来た律と、酔った勢いで触りっこHをしちゃった真季は、律への熱い想いに気づいて…!? …と、お話は生徒会長やら、おバカで可愛い主人公やらが出てくる、いつもの斑鳩サハラさんのパターン。

 読んだ感想は、うーーん、いまひとつ…。主人公の真季が、ずっと律とのHにこだわって、「アレ(Hのこと)しよう」とばかり言っているのは変だし、Hだけでお話を引っ張っていくのには無理があると思いました。お話自体も、先が見えるというかマンネリ気味。

 ただ、キャラクターはとても魅力的だし、文章も可愛くて好感が持てるので、次回作こそ期待してます!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

二巻に期待大

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 『グラビテーション』で大人気!村上真紀さんの新シリーズです。
 人間による乱獲からバケモノを守るという、変わった職業(?)「バケモノの保護官」をしている山田新太郎を主人公として、人語を話すあやしいウサギ・ポン太さんや、うなじのきれいナオちゃん、新太郎に命を救われた元・バケモノのケンケンなど、個性的なキャラクターが登場します。

 村上真紀さんの持ち味である、勢いのあるハイテンションぶりは健在で、何がなにやら良くわからないながら、いつの間にか読み終わってしまいました。読み終わった今でも、どんなお話なのか見えてきません(笑)
 それだけに、続きが気になります! 近日二巻が発売なので、物語の進展に期待大ですね♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本コキュ伯爵夫人の艶事

2001/12/03 15:02

男女の仲は、いつの時代も複雑!?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 17〜18世紀フランスを舞台に、性と政治、謀略が交差する作品4編が収録されています。

 書名だけを見ると、「コキュ伯爵夫人の艶事」なんてH系の本かしら?との印象を受けますが、実際はちょっと違います。作品を全体的に見て、性はあくまで物語に対しての下味程度で、人間の心の葛藤や渇望を、より生々しく読み手に感じさせる小道具といったところだと思います。

 収録作品中、私のお勧めは『ダンフェル夫人の断頭台』
 既に愛情が冷めたとはいえ、長年連れ添った夫婦の間に夫の浮気問題が持ち上がって…。これだけでは、どこかで見た昼メロのようですが、さすが著者・藤本ひとみさんは一味違います。不安定な政治情勢を物語に絡めながら、夫の気持ちを取り戻そうと、したたかに戦略をねる妻が描かれています。最後のオチも、ひとひねりあってGOOD!

 暇つぶしにと手にした本なのですが、意外に当たりでした♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本今夜こそ逃げてやる!

2002/07/18 15:19

悪ガキと優等生。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

待っていました、の斑鳩先生最新作です。
今度の主人公は、学校を何度も退学になっちゃうような悪ガキ、
でも、憎めないお馬鹿さんの春原伊緒。
お相手は、優等生で生徒会長、そしてもちろんお金持ちの、華王
瑞羽。

「女性徒を妊娠させた」として、身に覚えのない罪で学校を退学
になってしまった伊緒。
そんな彼が、次に通うことになったのは全寮制の男子校でした。
ルームメイトの瑞羽はイジワルで、伊緒は泣かされてばかり。
ところが、てっきり嫌われていると思い込んでいた瑞羽が、二人
きりになるとセマってきたから大変で…!?

あらすじ、登場人物の性格など、いかにも斑鳩サハラ先生らしい
作品だと思いました。
主人公のお馬鹿なところは可愛いし、攻の瑞羽の強引さもかっこ
よかったです。…が、もう最初から展開がよめてしまうところは、
どうかと思いました。
斑鳩先生の作品は好きですが、どの本を読んでも似通っているとい
うか…ちょっとマンネリ気味かも?
好きな作家さんだからこそ、もっと、今以上を望んでしまいます。
そんなわけで、今回はちょっと厳しく『評価保留』となりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

14 件中 1 件~ 14 件を表示