サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. まつのさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

まつのさんのレビュー一覧

投稿者:まつの

7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本らんぼう

2002/02/24 16:25

映画もしくはドラマ化するなら

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ウラはゲッツ板谷、イケは鴨志田譲ですな。それ以外は認めん。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ショッピングの女王

2002/01/10 22:25

誤算だった…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 カードでブランドもんを買い漁って、借金まみれの愚か者をアザ笑うつもりで読んでみたが…、キティちゃんのトイレットペーパーでケツを拭いたり、匂いつきコンドームをしゃぶりやがるもんだから爆笑してしまった…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

くりゃああ!>うさぎ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 前書きではプライベートなことではなく、その人の作品に対する批判であるというとるクセに、北川悦吏子や橋田壽賀子のテレビドラマを「見たことがない」といいつつ悪口いってるとこが図々しい(笑)。
 まあ北川悦吏子のバヤイはその著作ブツについてだからギリギリセーフにしとくけど、橋田壽賀子は「笑っていいとも」での芸? というか余興についてだ。あんなもんを芸やら作品と見なすこと自体が問題じゃ!(その点、南美希子の悪口はとっても面白かったです)。もっと鋭くクッキリと、「笑っていいとも」はテレビ番組として完全にダメだ。といわんかい! >うさぎ。さもなくば、「渡る世間は鬼ばかり」は役者がセリフ覚えてシャベるだけのオウムの学芸会じゃ。といえ! >うさぎ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

なんか身近な麻雀放浪記

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 運なんぞ完全否定の山ちゃんにして160ページの展開は大爆笑でした。アイフルやほのぼのレイクみたいな親しみを感じる本です。
 ちなみに武富士は“貸してやるから来やがれ”ってカンジがします。でもテレビCMみるとなんか得した気分がします。がんばれアコム。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

「ステキな自分」を見失う本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 弱くて暗くて惨めで空虚な貴方は偽りの貴方なのです。本当の貴方は強く明るく逞しく、いつも満たされているのです。ホホホ。なんつーのに騙されるんじゃないよ!
 弱くて暗くて惨めで空虚なアンタこそが真のアンタなの。たとえーどんなに弱くて暗くて惨めで空虚であってもだ。メシ食ってオナニーできりゃなんら問題ないっ!
 でもー。
 うっかり騙されてステキな自分をみつけちゃった真のアホおすすめの一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ダメな女と呼んでくれ

2002/01/11 20:27

警告!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 世の娘さんに告ぐ。
 中村うさぎはこの本で「買い物依存症」に罹ったジブンを蔑むがごとく書いてるが、「買い物依存症」つーのは泣きながら金をドブに捨てざるをえない脅迫神経症にあらず、麻薬中毒みたく浪費してる最中の脳みそが随喜の快感汁でグチョグチョになる病気なのだ。ダマされんなよ。

 世のダンナさんに告ぐ。
 中村うさぎのこの本には奥さんに読まれるとヒジョーにヤバイしろものがあります。よって読了後は可及的速やかに焼却すべくお勧めいたします。

 中村うさぎさんに告ぐ。
 くりゃ。あんたのご主人てばスンバらしい人じゃないか。ワタシ感動して泣いたよ。にも関わらずホスト遊びにうつつをぬかすキサマはなにもんじゃ! 畜生か!? うさぎか…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ビッグ・トラブル

2001/09/01 10:49

愉快なコラムニストの書いた小説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ワガ国では田口ランディの小説が話題になったりしましたが、この本はデイヴ・バリーというアメリカ人のコラムニストが書いた小説です。
 デイヴ・バリーという人がどんなコラムを書くかというと…読んだことがないのでわかりません。でもこの本を読んだせいでなにがなんでもデイヴ・バリーのコラムを読んでみたくなりました。
 あのスティーブン・キングもデイヴ・バリーのトリコなんだそうです。でもあのスティーブン・キングは田口ランディの本を読んだことがないと思います。あのスティーブン・キングになりかわって謝罪します>田口ランディ
 でもこのわたくしも田口ランディの本を読んだことがありません。このわたくしになりかわって田口ランディに謝罪してください。>あのスティーブン・キング

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示