サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. てるさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

てるさんのレビュー一覧

投稿者:てる

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本絡新婦の理

2002/08/25 03:32

絡めとられる怖さ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

難解な理論や理屈が多いのが京極作品ではあるが、今回もやはり難解だった。
凄惨な連続殺人事件が交錯する中、宗教(今回は基督教でした)の話やサバトの話が盛り込まれ、性差別にフロイトといった内容まである。
それらの話は全て、終焉に向けての伏線であり、どれも欠けてはならない話なのだが、読んでいるこっちはあちこちに振り回されている感もある。
まるで京極堂の舌術にはめられているが如くに。
しかし、それでも最後まで投げ出させずに読ませてしまうところが、京極夏彦の凄いところだ。
結局、あれよあれよと言う間に、読み終えてしまった。

今回のキーワードのひとつは「蜘蛛」なのだが、その綿密に張り巡らされた糸の上をあがいているのは、登場人物だけでなく読んでいるこちらも同じなのである。
徐々に絡め取られ、予定調和の中に組み込まれ、すべては作者の手の平なのである。
最後まで読み終えてから、また最初に戻らせるその手も、かなり憎い。

そして怖い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示