サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 市井さんのレビュー一覧

市井さんのレビュー一覧

投稿者:市井

2 件中 1 件~ 2 件を表示

パラダイスへようこそ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 28歳でガケップチだなんて、なんて、なんて〜!!! 本書の副題に少なからずショックを受けたのは私だけではあるまい。

 たったの28歳でガケップチというお水のお姉様方のお仕事は厳しいもの。でも、ガケップチに立ったからこそ、見えてくることがある。No.1を取り、周囲からちやほやされていた若い時期には気付かなかった周囲の人々の気持ち、悩み。それらを明菜は明るく前向きに受け止める。そんな明菜の元気の源は職場、パラダイスへの愛。そしてお水の仕事に対する誇り。

 何年か前に放映された財前直美主演のテレビドラマを見た人も見逃してしまった人も、是非原作の漫画を読んでほしい。パラダイスのような職場、あったらいいときっと思えるから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一絃の琴

2001/08/16 23:59

芸に生きる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 作者の一絃琴に対する想いが、主人公、苗が一絃琴にかける情熱に乗り移る。苗が一絃琴にのめり込んでいくのに伴い、読み手も作品中にどんどん惹きつけられていきます。
 宮尾登美子さんの小説の女主人公は、常に一本筋が通っていて小気味よい。芸道小説は特にその傾向が顕著で尚のこと、主人公の生き方そのものに憧れを抱きながら読みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示