サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. clareさんのレビュー一覧

clareさんのレビュー一覧

投稿者:clare

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本だからどうした本の虫

2001/08/19 15:33

私も馬鹿読者…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この本は当時国内で出版された本や、名作と呼ばれている本についての書評集である。辛口批評が心地よい。この本を読むと自分の読書について考えさせられる。私の場合贔屓の作家がいないので、新聞の書評や本の情報誌などを読んで興味がわいたものを図書館から借りて読んでいるのだが、前評判が良いものには“良いもの”という先入観があり、本心では『えっ!違うんじゃない?』と思いながらも最後まで読み、無理にでも“良かった”と思おうとしている。私もこの本に出てくる馬鹿読者なのだ。
 馬鹿読者にならないためには安原氏のように様々なジャンルの本を読み、宣伝や書評に左右されずに本と向き合い、自分の感じたことや意見に正直であることだ。
 この本は是非手元において時々読み返すのも楽しいだろう。ただ気をつけなければならないのはこれはあくまで安原氏個人の各本に対する読み方・感じ方であって、ここでも未読の本に対する先入観を持たないことだ。
 最後にこの本を読んで、今まで知らなかった編集者の仕事や出版業界の内情を知ることが出来て良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示