サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. フミコさんのレビュー一覧

フミコさんのレビュー一覧

投稿者:フミコ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本免疫の意味論

2001/08/19 21:34

体に「自己」してもらう癒し

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 僕たちの精神が肉体によって生かされている、って思うことはあるだろうか。無限の想像力と限界だらけの肉体を持って生きなくちゃいけない僕たちの「自己」は、限界のない可能性を持っている(と思われている)脳によって決定されているわけではないらしい。底抜けに曖昧なのに、恐ろしいほど非寛容な「免疫」によって僕たちの「セルフ」は管理されているようだ。

 この本には、僕らの「自己」という意識はとても不器用なのに、肉体のほうはマインドを飛び越えて環境に上手に適応しているらしい、ということが書かれている。曖昧なのに非寛容なのって、「普段はヘラヘラしていても、やるときはやる」ってキャラクタリスティックなのかもしれない。僕たち一人一人の体には、そんな「免疫」がついていて、その免疫によって「非自己」だと判断されてしまえば、僕たちに「自己」を(意識的に)形成させている脳でさえも排除されてしまうのだ。
 そんなに厳格に「自己」と「非自己」を区別するのにもかかわらず、免疫系の細胞はその場に応じてとても臨機応変な変化を遂げる。彼らは外界の状況に応じていろいろなものに姿を変えるのだが、どうやらそれは最初から決定されているものでもなんでもなく、その場その場で適当に決められているらしい。
 要するに「何でも屋」がいっぱいいて、その場その場でやらなくちゃいけない事を片付けていってくれるんだけど、親方みたいなものはいなくて、一人一人がキチンとしているから全体的にはなんとなくうまくいっている、という状況だろうか。
 僕たちの意識は環境に適応するのがヘタくそだから、準備や計画を立てたり、照れや見栄やプライドなんかもあって、結局自分で自分をがんじがらめにしている事がたくさんあるんだけれど、体のほうは寡黙にも目の前にある「立ち向かわなくちゃいけないこと」にまっすぐなようだ。

 タイトルにもあるとおり、この本は「意味論」であって、難しいサイエンスの話よりも、免疫学を通して、生きるために見習えることがたくさん詰まっている。体によって見習うことって意外とたくさんあるみたいだ。「精神論」に偏りがちだった僕たち日本人にも、これから役に立つことがたくさん見つけられると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示