サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 藤吉桜花さんのレビュー一覧

藤吉桜花さんのレビュー一覧

投稿者:藤吉桜花

1 件中 1 件~ 1 件を表示

空賊

2001/08/26 23:09

【著者コメント】空賊の紹介です。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 私は、空賊の作者の藤吉桜花と申します。空賊は、私のデビュー作です。私は、皆様に伝えたいことがあって空賊を書きました。
 今は子供でも将来必ず大人になる世代から、現在の厳しい競争社会を生き抜いている大人世代まで、幅広くメッセージが伝わりますようにと、空賊という物語に作者のメッセージを託しました。
 そのメッセージは、優しさや思いやりが死語になりつつある現在において、重要なことだと思うのです。
 私は、空賊という物語を書き始める前に、この物語をどんなものにするか、特に注意しなければならない点を紙に書き記しました。
・ 既存の児童文学にとらわれず、オリジナリティ溢れる作品にすること。
・よくある話の二番煎じはしないこと。
・登場人物は、それぞれ個性的であること。
・だが、読者にいやだなと思わせるキャラクターは、登   場させないこと。
・キャラクターには、良心と良識を兼ね備えさせること。
・裁判シーンでは、裁判に参加している、登場人物のひいき目は、絶対にしてはいけない。それぞれの立場を浮き上がらせて、公平であること。
・大人でも子供でも楽しめる物語にすること。
・文章表現はわかりやすく、情景描写は的確であること。
 以上の8項目を掲げ、物語作りに取り組みました。構想を練り、それを言葉で表現することは、たやすいことではありません。1日に2、3行しか進まないこともありました。ですが、充実感はありました。
 空賊の内容を、少しだけご紹介させていただきます。
 日常のわずかなすれ違いが重なって、心を通わすことを忘れてしまった鈴木夫妻には、二人の息子がいます。お互いを思いやる気持ちをなくしてしまった夫妻は、二人の息子が笑顔を失ったことに気づきません。兄は、ベランダに出ると、夜空を見上げながらつぶやきました。
 「誰かぼくの家族を助けて、このままだと最悪なことになっちゃうよ」
 この様子を高い空の上から、望遠鏡で見ていた者がいました。
 望遠鏡で見ていた者とは誰なのか。鈴木一家はこの後どうなったのか。タイトルの空賊とはなんであるのか。皆様、空賊を読んでお楽しみください。
『空賊サイト』もご覧ください。空賊ホームページです。
お問合せは、ここまで。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示