サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 緑龍館さんのレビュー一覧

緑龍館さんのレビュー一覧

投稿者:緑龍館

56 件中 1 件~ 15 件を表示

現代資本主義経済に組み込まれた農業生産活動のなかで、ミツバチは一体どこに行ってしまったのか?

25人中、25人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

アメリカで、突然大量のミツバチが集団で行方不明になる事件が続発している、という新聞記事がここ数年のあいだに何回か目に留まって気になってました。それで、本屋で偶然目にしたこの本を即購入したのですが、これは大当たり。非常に面白かった。
このミツバチの大量失踪は、CCD(Colony Collapse Disorder 蜂群崩壊症候群)と呼ばれ、2006年の秋頃からアメリカを中心に目立ち始めた現象ですが、現在では北半球のミツバチの4分の1という膨大な数が、消えていなくなってしまったそうで、今でも進行中とのこと。ある日突然、巣の働き蜂が全て、女王蜂や蜂の子、巣一杯の蜂蜜を残したまま、忽然といなくなってしまうのだそうです。原因は、携帯電話の電磁波や蜂の天敵であるダニ、遺伝子組み換え農作物にウィルス、種子浸透性の新世代農薬や働き過ぎによるストレスまで、さまざまなものが取り沙汰されていますが、いまだに解明はされていません。これは、ミツバチがいなくなったら蜂蜜が食べられなくなってしまう、残念だ、という程度の話ではありません。現代の産業化された農業において、実はミツバチの役割というのは蜂蜜の生産者としてのそれよりも、花粉媒介者としての機能のほうが大きいのだそうです。ほとんどの果物や多くの野菜は、花粉媒介者の手を借りなければ実をつけることができません。自家受粉植物においても、花粉媒介者による受粉のシャッフルというのは、果実の生産性を飛躍的に高めるのだそうです。また食べ物だけではなく、綿花のような農産物もミツバチによる受粉が行なわれています。ミツバチがいなくなったら、世界の果樹農業に壊滅的な影響が生じる可能性が大きいのです。
現代アメリカの養蜂は、もともとの蜂の生態とはかけ離れた生活を強いているようです。ほぼ一年を通じて働かせられるし、それぞれの農産物の受粉期を追いかけ、アメリカ中をピックアップの荷台に載せられて毎年何千キロもの旅を繰り返さなければいけません(現代社会のミツバチは、羽で移動するのではなく、トラックで移動するのです)。蜂蜜を取られてコーンシロップを与えられたり、ダニ退治のための殺虫剤漬けになったりしながら、これだけ無理矢理働かせられれば、人間だろうがミツバチだろうが、ノイローゼや甚だしいストレスにさらされざるを得ないですよね。そのため、ミツバチは集団ストライキを起こしサボタージュを決行したのだという説もありますが、実際のところは、どこかにみんなでふけて、幸せで平和にのんびりと暮らしているわけではなく、働き蜂は巣から飛び立ったあと、何らかの原因で短期記憶喪失や方向感覚失墜などの症状が出て、帰巣できずに野外で野垂れ死にしてしまったのだと見られています。なぜこういうことが起こるのかは、まだ分かっていませんが、本書では本来の生態が破壊されたうえ、化学薬品付けになるなど、種々の要因が組み合わさった複合汚染とストレスが、ハチの耐えられる限界を越えてしまったのだろうという見解が支配的だとされています。
本書ではこのCCDの当初の発生から、ミツバチが農業やひいては私たちの日常生活においてどのような役割機能を担っているのか、またミツバチの普段の生活や集団社会の生態を紹介したあと、この現象の犯人探しをひとつひとつ繰り広げていきますが、ちょっとスリリングなその過程で、「経済」に組み込まれてしまった農業生産活動がもたらすもの、農作物や昆虫、地域の自然が現代資本主義に組み入れられることでどのように状態に転落してしまうのか、というショッキングな現実を赤裸々に提示してくれます。長くなりますが、ぼくにとってはショックだった指摘を引用しておきましょう。

「問題は、農業が現代的な経済システムに吸収されてしまったことにある。 ・・・(省略) その結果、農業経営は今、会社経営のように物事を考え行動するように迫られている。農業経営者がビジネスに聡くなるのは何も悪いことではないが、農場(少なくとも環境に気遣う農場)は、ほかの事業のように運営することはできない。事業は無限に成長を続けることを前提としている。 ・・・ どれほど会社が成熟しようとも、今以上の製品を作り出すのが当然だと思われているのだ。もしコカ・コーラ社やエクソン社の売り上げが横ばいだったら、株主たちは会社を猛烈に批判することだろう。
けれども、生物システムの世界では、癌を除けば、無限の成長を続けるものなど存在しない。健康的な農場は自然のサイクルの中にある。つまり、順調な成長と順調な腐朽という、うまく維持されたバランスがとれているのだ。経済的な成長を遂げるには、より多くの土地を農地に変えるか、同じ土地からより多くの収益を上げるようにするかのどちらかを行なわなければならない。この二つは、過去半世紀以上にわたって、農業の基本的な潮流になってきた。だが、そのどちらも無限に続けられるわけではない。土地は有限だし、農業経営者がより多くの収穫を土地から搾り取ることを可能にしてきた技術革新のほとんどは、土地の長期的な健康を犠牲にすることで成し遂げられたものだ。」

農業だけではなく、一次産業はいずれもそういうものですよね。製造業や商業にしたところで、なんとなく永遠な成長が続くものと私たちは考えていますが、それは不可能だし、当たり前のことでもない。そしてこういう価値観が生きている生態系に適用されると、この世界はどうなってしまうのか、あるいは現代の農業は既にどうなってしまっているのか、これは衝撃です。一体、私たちは何という世界に生きているのでしょう!生態系や環境問題に興味のある方に、是非ご一読をお勧めします。
緑龍館 Book of Days

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

何故ヨーロッパ人は、知的に劣っているにも拘わらず、世界を征服できたのか?

13人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 変な題名の本ですが、歴史の本です。ただ、普通の歴史の本じゃない。現在の人間世界の有り様が何故このようになったのか?という大きな疑問に対して、1万3000年前からの人類史を通じ、正面から謎を解こうと試みている本です(1万3000年前は、最後の氷河期が終わった時期です)。どうして、世界の富の大部分を欧米(それと一部のアジアの国々)が独占し、世界経済と国際社会を圧倒的にリードしていくような、現代の状況が形作られたのか?なぜインカ帝国がスペインを征服し、アメリカ・インディアンがイギリスを滅ぼさず、その逆になってしまったのか?この歴史の流れは偶然だったのか、必然だったのか?
 この疑問に対し著者は、第一義的には銃や鉄に代表される、技術や武器の圧倒的な優越性と征服者がもたらした病原菌の大流行(16世紀、アステカ帝国を中心とする当時2000万人に及んだメキシコ先住民の9割以上の人口を殲滅したのは、スペイン人の武器ではなく、スペイン人がもたらした天然痘でした)、文字による情報の強大な力、などの要因を挙げますが、それに留まらず、ではなぜ、そのような技術と武器、新大陸を征服する病原菌が、(新大陸ではなく)ユーラシア大陸を中心に発達・進化することができたのか?これは偶然か必然か、という根本的な次元まで考察を進めていきます。 そしてその根本要因として、食糧生産、大型動物の家畜化、大陸が縦型か横型かという形状の重要性、これらに伴う病原菌の進化などを通じ、その謎をひとつひとつ解いて行きます。その分析と解明の手際の何とはなやかなこと。
 1998年のピュリッツアー賞を受賞した著作で、著者は、歴史学者ではなく、UCLAの生理学教授 兼 進化生物学者です。解明の手法も、社会学者ではなく自然科学者らしいアプローチで、説得力があります。もちろん、社会進化論を標榜する本ではありません(社会進化論とは一般的に、人種・民族間の優劣を優生学的な遺伝の観点から実証しようとする、現代では否定されている考え方です)。ただプロローグで、石器時代の生活をまだ続けているニューギニア高地人が、西洋人よりも、進化論的な遺伝の側面、および後天的な教育の両面でより知的であるということを、見事に論証してしまっているので、こういう面では社会進化論の影響下にある本であるのかもしれません(笑)。著者に依ると、その論に立った この本のテーマは、「何故ヨーロッパ人は、知的に劣っているにも拘わらず、世界を征服できたのか?」ということになります(再笑)。
→ 緑龍館 Book of Days

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本中島敦全集 1

2007/02/24 15:30

光と風と夢−中島敦による、『宝島』の作者スティヴンソンを主人公とするサモアの独立闘争譚

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 確か高校のとき、教科書で読んだ『山月記』以降、中島敦は好きな作家のひとりです。手に入る本が薄っぺらい新潮文庫一冊しかないので、それしか知らなかったのですが、昨年本屋で偶然、筑摩書房から3冊の文庫版全集が出ているのを見つけて思わず買ってしまいました。中島の生前刊行された単行本は、二冊のみだったということで、この全集第一巻はそのうちの一冊、『光と風と夢』を中心に(この中には、山月記が収録されている短編作品集『古譚』が含まれています)、二十歳前後の時代のいくつかの習作と歌稿、漢詩などを合わせて組まれています。
 中島敦といえば、やはりあの独特な硬質の漢文体(もう、こういう文章を書ける作家は現われないでしょうね)と、中国を中心とした作品世界の完成度の高さ、という印象が強いのですが、今回、単行本の表題作である『光と風と夢』を読んで驚きました。何とこの中篇小説は、『宝島』の作者であるスティヴンソンが、後年サモアに移り住み、そこで没するまでの彼の日記を模して語られたお話です。スティヴンソンのもつ文学論(を通して語られる中島の)から、彼の交友関係(H.R.ハガードの弟までちょっとですが登場します。中島も『ソロモン王の洞窟』とか読んでいたんですね)、家族との交流、それにサモアの独立運動の戦いまでが、骨太に真正面から語られます。お見事。さすが中島敦、作品としての完成度の高さだけではなく、読んでいて面白い。それに、このように書くことでしか自分の生をまっとうできない、スティヴンソンの姿が中島と重なり、山月記の世界とも繋がるときの、その凄まじさ。
 中島は植民地時代の朝鮮で小中学校を過ごしたみたいで、その頃、朝鮮人の学友と一緒にくっついて行った『虎狩』の話も面白懐かしく読みました(わたしもソウルに長い間住んでいたことがあるもので)。最後に本書に出てくる彼の歌の中から心に残った三首を挙げておきます。
 我はもや石とならむず石となりて冷たき海を沈み行かばや
 氷雨降り狐火燃えむ冬の夜にわれ石となる黒き小石に
 眼瞑(めと)づれば氷の上を風が吹く我は石となりて転(まろ)びて行くを
→緑龍館別館 Book of Days

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本蟬しぐれ

2007/05/15 15:49

日本の時代小説中ベストワンという、とある評価にも納得

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 何年か前、誰だか忘れたけれど、とある評者が本書を一巻ものとしては日本の時代小説のベスト・ワンに挙げていたのを見てメモしておいたのですが、今回ようやく読むことが出来ました。こんな広いジャンルのベスト・ワンを挙げるなんて、乱暴すぎやしないかと当初は思ったのですが、読んでみると納得しますね。そのこともあって、否応無しに期待して読んだのですが、決して裏切られはしませんでした。ちょっとお話を面白く作りすぎているきらいはありますが、誰にでも自信を持ってお勧め出来る本です。
 ストーリーを知らなかったもので、読み始めてまず意外だったのは、これは前半かなりの部分までが青春小説。藤沢周平ファンにはお馴染みの海坂藩(うなさかはん。山形の庄内藩がモデルだと言われています)の美しく簡素な描写の風景を舞台に、下級武士の一子、15歳の牧文四郎の成長を、悲運と度重なる試練を絡めて、友情や淡い恋を丁寧に追いながら描いていきます。それぞれひとつの事件ごとに分かれた各章は20ページ内外で、短編の体をなしていますので、読むのも非常に楽、且つ次々と先に読み進めたくなる構成と間に挟まれた剣の立会いで、460ページを越える最後まで全く飽きさせません。
→緑龍館 Book of Days

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

自閉症や知的障害、統合失調症、躁鬱症などのひとたちのこころの世界を知りたいひとに

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本書は、2007年に読んだノン・フィクション本の中ではベストかな。小浜逸郎と佐藤幹夫が呼びかけて開催している「人間学アカデミー」第一期講座のひとつを新書化したものとのこと。これは連続講座で、現在もまだ続いているそうです。この本を読んで私も受けてみたくなりました。
本書の著者は、臨床精神科医。佐藤幹夫との対談本である『「こころ」はどこで壊れるか - 精神医療の虚像と実像』と『「こころ」はだれが壊すのか』の二冊を以前読んだことがありますが、どちらも精神医療の現状や現代社会における子どものこころの病の問題を、現場から考察した本として非常にすぐれていると思います。
「人間学アカデミー」の講座ということもあり、著者の志向する精神医療が、たとえば「人間学的精神病理学」と呼べるようなものであるとするならば、それはどのような考え方、基本的スタンスに立ったものであるのか、ということを、著者の過去の学究時代の追想や精神医学の発達史紹介をまじえて紹介するところから、本書は始まります。精神障害というものを、現在の精神医学の主流では生物学的な障害、脳の中枢神経系の物質過程に起因する目に見える異常な症状として捉えるのに対して、著者は心の病の発現というものを、現代社会における人間の本来の(自然な)あり方のひとつの形態として捉えようとしているようです。これを著者自身の言葉で言うと、
「ここでは精神障害を必ずしも「異常性」としてはとらえません。すなわち精神障害とは、たしかにある特殊性をもったこころのあり方ではあっても、本来あるべきこころのはたらきが壊れて欠損した状態とか、逆に本来ありえない異質なこころのはたらきが出現した状態とは考えないのです。(省略)むしろ、人間のこころのはたらきが本来的にはらんでいるなんらかの要素や側面が強く現われると申しますか、ある鋭い現われ方をするのが「こころ」の病ではないか。」ということになります。

続いて本論では、著者がキャリアの中でぶつかった三つの問題 - 統合失調症、不登校、自閉症(と知的障害)というテーマに沿って、ここでもそれぞれの問題に対しての精神医学界における学説の発展と変遷史の紹介などもまじえながら、人間とはなにか、「こころ」とはなにかに対する著者自身の考察が述べられていきます。その中でも特に、このような障害を持った当事者がこの世界をどうとらえているのか、自閉症や知的障害、統合失調症、躁鬱症などの当事者の直接的な内的経験のありさまやこころの世界を、具体的に想像・類推させてくれる著者の分析には、目を開かせられる思いがしました。
また、「精神の発達」というものを、「認識」の発達(「まわりの世界をより深くより広く知ってゆくこと」)と「関係」の発達(「まわりの世界とより深くより広くかかわってゆくこと」)というふたつの要素を、x軸とy軸におく成長過程としてとらえ、このふたつが、お互い独立したものではなく、相互に支えあい促しあう構造をもっているため、精神発達は両者のベクトルとなるという観点から、知的障害と自閉症を解釈する考察は、今まで私の中でもやもやとふっ切れず、よく理解できなかったいくつかの事柄に、ある程度明瞭な形・視点を提供してくれたようです。
著者の考察や学説は、よくは分かりませんが、おそらく学会では定説や通説の評価を受けていないものが多いのではないでしょうか。しかし、自閉症や知的障害、統合失調症、躁鬱症などの「こころの病」と呼ばれるものが、脳や身体の生物学的な障害や異常に起因するものというよりは、より根本的には、「個」と「共生」という人間存在自体がもつ両側面からの矛盾・葛藤が現代社会の状況の中で個別に発現したものと見るべきであり、「発達障害」自体、もともとは自然の相対的な個体差に過ぎないものであるにも拘らず、人為的な線引きをしてレッテル貼りをしたものが病名とされているのではないだろうか、という著者の問題提起は、非常に考えさせられるものがあります。

最終章では、不登校の問題に対する考察が述べられています。高校進学率が90%を越え当たり前となってしまった1975年前後を境に、「不登校」という現象が現代の社会問題として浮上してきたという点に着目し、その原因に対する従来の説 -子どものパーソナリティー特性や家庭環境に起因するという見解、あるいは受験戦争や学歴偏重社会という歪んだ教育環境に原因を求める説- 両方に疑問を提起しながら、近代社会の幕開けとともに当初設定されていた「学校制度」自体の目的がこの時点ですでに達成されてしまい、そのレゾン・デートルが見失われた結果、学校の聖性や絶対性が失われ、学校システムが本来もっていた矛盾が顕在化せざるを得ない状況に陥ったため、不可避的に現われてきた現象が不登校である、というような見方を提示しています。
著者の学校制度に対する見解には、考えさせらる言及も多いのですが、しかしこの結論に対しては、私としては少々視点がずれているような感じがします。例えば、既にある程度の豊かな生活が実現して高校・大学進学が当たり前になり、より先鋭化された教育のひずみが問題となっているお隣の国、韓国において、なぜ「不登校」が社会問題として発生していないのでしょう?他の欧米先進国においても、「不登校」や「ひきこもり」は、社会一般的な問題とはなっていないようです。この問題を考えるにあたっては、例えば同じく臨床精神科医である関口 宏が『ひきこもりと不登校』の中で指摘している通り、戦後日本における社会状況と社会構造の変化の相の中で生じた日本独自の問題、ある意味ひとつの「社会病理現象」として捉える視点が不可欠であるように思えます。日本において学校の聖性や絶対性が、なぜ喪失されてしまったのか?それは当初の目的が達成されたためではなく、著者の滝川自身もその一面を指摘していますが、日本社会の変相がそれを打ち壊してしまったのだと思います。(もちろん、「学校」というものが「聖性」や「絶対性」を保持するべき存在なのか?という議論もあるかと思いますが、それはまた別の問題。)

→<a href="http://www11.ocn.ne.jp/~grdragon/books_2007_02.html target="_blank">緑龍館 Book of Days

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

下巻の白眉はエピローグ

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 1972年のある日、ニューギニア人のヤリが著者に投げた問い掛け、「あなたがた白人は、たくさんのものを発達させてニューギニアに持ち込んだが、私たちニューギニア人には自分たちのものと言えるものがほとんどない。それはなぜだろうか?」という疑問に対し、30年近くの間の研究の成果を元に、一定の答を出そうと試みる本の下巻です。
 農耕栽培や家畜化の対象となる動植物の分布状況の地理的な差異、これによる人口集中社会の出現と非生産階層の登場に続く政治体制や専門技術の発達・発展、家畜由来の集団感染症病原菌の進化(天然痘、インフルエンザ、結核、マラリア、ペスト、麻疹、コレラなどは、全て動物由来の病気だとか)と、人口稠密社会に住む人々の免疫獲得による病原菌の意図しない生物兵器化、大陸ごとの大きさと形状の差(東西型か、南北型か)、自然環境障壁の差による発明・技術伝播の容易性の違い、などそれぞれの要因と相互作用が、歴史上のいろいろな事例と共に、説得力のある論証が展開されます。
 下巻では文字、技術の発明、政治体制の発達に関して、人類史の発展におけるその意味と、環境的な影響要因を論じ、最後のチャプターとして、オセアニア、中国、南太平洋・ニューギニア、南北アメリカとアフリカなど、地球上の各地域ごとの発展・未発展を、今までの論点をもとにもう一度検証していくという構成です。しかし、個人的には、下巻の白眉はエピローグでした。上下巻を通じ、1万3000年の人類史の流れを対象にした分析が主体になっていますが、エピローグでは、ここ500年から1000年の大きな人類史の変化、それまで世界の政治、技術、生産の中心だった「肥沃三日月地帯」(メソポタミヤ)と中国が、なぜ世界の表舞台から退場・後退し、それまで辺境地帯だった欧州が新大陸を植民地化し、第一線に登場するようになったのか?というテーマを、今までの論証の延長線上からその究極的な要因を検証していくものですが、その迫力と説得力に思わず引き込まれました。「肥沃三日月地帯」では、自然破壊と環境特性の脆弱さが、取り返しのつかない滅亡をもたらしたこと、中国においては、地理的特性の優位と政治的に強固な統一の永続(支配政権は変わるとしても)が、却って両刃の剣として大きなマイナスの影響をもたらしたこと、欧州の地政学的な優位性、というのが著者の主要な論点ですが、この部分は賛否はあると思いますが、歴史に興味のある人なら必ず一読の価値があると思います。
 本書と同じ論拠に立つと、世界が狭くなった現代社会において、中国の弱点が再び大きなメリットとなり、国際社会の第一線に登場するようになる、というのも歴史的な必然となるのでしょうか。
→ 緑龍館 Book of Days

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本食卓の文化誌

2008/05/15 17:15

読むのがとても楽しい「食文化人類学」の本

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

文化人類学者による「食文化人類学」の本。専門書ではなく、味の素の広報誌に連載されたエッセイをまとめたものです。料理や食事の器具・道具類からはじまり、調理方法、香辛料や食材、レストランに至るまで、「食」のすべてをテーマに様々な文化的、歴史的、民俗学的な薀蓄が語られます。話題が身近で、全ての人が興味を持っている事柄であるため、読むのがとても楽しい本です。トリビアが山盛り。ちょっと紹介しときます。

●欧米語ではスープは「飲む」といわず、「食べる」という。中世までスープはスプーンですくわず、パンを浸して食べていた。スープそのものも具が多くて汁が少なく、飲むものではなく食べるものであった。
●朝鮮の箸やスプーンは、2000年来このかた形がほとんど変わっていない。飯をスプーンですくって食べる習慣は、もともとキビ、アワ、コウリャンなどの雑穀が主食で、ボロボロなため箸で飯をすくうことができなかったことから。
●世界にはまな板が存在しない食文化も多い。箸とまな板は、セットになっている食文化。箸で食べるためには、調理段階で箸でつまんで口入れられる大きさに材料を切り刻んでおかなければいけない。つまり、まな板が必要になる。
●ソバのセイロが上げ底なのは、江戸時代にそばや一同がお上にソバ代値上げの陳情をしたところ、値上げはダメだが、「上げ底にして苦しからず」と実質値上げの許可が出たため。
●ハマグリの澄まし汁の吸い口にコショウを用いるとよろしい(江戸時代の料理書)。― ホントにうまい。
●ダシは、日本固有のもの。肉食をしないため、料理に油を使うことができず(植物油は高価で一般的に使うことができなかった)、野菜のなどのうまみを引き出すために、塩と一緒にアミノ酸などのうまみを含んだ「ダシ」を用いる必要があった。脂肪分無しで塩だけではなかなかおいしい味が出ない。肉食文化では、肉そのものから出る蛋白質と脂肪の味があるため、塩だけでも割りとおいしくダシは必要ない。日本で味の素が発明された背景にもこれがある。

→緑龍館 Book of Days

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ぼくには数字が風景に見える

2008/06/25 17:52

アスペルガー症候群で共感覚を伴うサヴァン症、ゲイで癲癇持ちという英国青年による自叙伝。心洗われるような一冊でした。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

アスペルガー症候群でサヴァン症、ゲイで癲癇持ち、そのうえ無限の数字の連なりが、美しい色彩を持った風景に見えるというかなり個性的な英国青年による自叙伝。平明で率直、抑制が効いていて華飾の無い澄んだ文体は、テンプル・グランディンなどもそうですが、アスペルガーの人の特徴なのでしょうか。微妙に普通の文章と、色彩が異なる感じがします。
アスペルガー症候群とは自閉症と近縁の発達障害ですが、言語能力にはほとんど問題が無く、知的能力も一般的に平均より高い傾向があるようです。ただコミュニケーション能力にかなり問題があり、他者の意図するところやその場の雰囲気を察して自分を合わせるのが非常に苦手で(最近の言葉でいえば、極端な「KY」とでもいいましょうか)、また細部に対する通常ではない「こだわり」がその特徴でもあります。サヴァン症候群は、「イディオ・サヴァン」(白痴天才)などとも呼ばれ、映画『レインマン』で一躍世に知られるようになりましたが、機械的記憶や計算、芸術などの分野で人間離れした異常に優れた能力を持ちながらも、自閉症などの知的障害を併せ持つ症状のことです。おまけに、著者であるダニエル・タメットは、サヴァン症であると同時に、「共感覚」というとても不思議な力も備えています。これは、ひとつの刺戟に通常対応している感覚が、それとはまったく異なる別の感覚も呼び起こすという現象で、たとえばある音を耳にすると、それに対応する特定の色を目にすることができるような能力のことです。芸術家や小説家などに、この能力を持つものが多いとも言われています。
本書はこのような障害と能力をともに持つ26歳の青年が、自分の半生を顧みた非常に貴重な記録ですが、ふたつの大きな読みどころがあると思います。ひとつは、著者の共感覚を伴ったサヴァン症という類稀な能力、普通の人には想像することも困難なこの知的能力が、実際に頭の中で駆使されるプロセスを、本人の口から直に詳細に聞くことができるということ。この力により生起される驚くべきこころの世界を、垣間見ることができます。数字が、形や色や感情を伴ったものとして、どのように認識されるのか。桁数の多い数字の暗算が、それぞれの数が独自に持つ複雑な幾何学的形状の変化によってなされるありさまには驚かされます(大きな数の割り算が、こころの中で「回りながら次第に大きな輪になって落ちていく螺旋」の形状変化として答えが導き出されてしまったりするのです!)。著者自身の発案によるチャリティ・イヴェントととして、2万2千桁を超える円周率の暗唱記録を打ち立てたとき、そのランダムな永遠に続く数の連なりが、色と形がさまざまに変化していく美しい風景の複雑な連なりとして、こころの中に像を結びつつ記憶されていくさまにも興奮させられました。またタメットは、言語の習得にかけても天才的な能力をもち、10ヶ国語におよぶ外国語をマスターしていますが、テレビ・イヴェントのために、世界で最も難しい言葉の一つと言われているアイスランド語を、一週間でマスターする話も大変興味深かったですね。
感銘深い本書のもうひとつの読みどころは、障害を持って生まれた者として、普通とは異なる幼年時代と、「ひととは違う」という理由で級友のいじめに会う少年時代から現在までの自分の半生が、人並み外れた記憶力によって克明に、また非常に率直に語られている点でしょう。思春期を経ながらどのように自分の障害と向き合い、折り合いをつけるようになったのか、おそらくはこの障害と表裏の関係にある自分の尋常でない能力を受け入れ、自分で自分の人生を切り開いていくこころざしを持つに至るまでの体験が、飾らず坦々と語られていくさまは、読むもののこころにかなり響くものがあります。優秀な成績で高校を卒業し、大学進学が可能であったにも拘わらず自らの決心でそれを放棄し、一年間の海外ボランティア活動でリトアニアに赴くとは、障害を持つ18歳の青年としてなんという勇気でしょう。もちろん、英国の国際慈善支援団体が、このような障害をもつ人たちも、海外派遣ボランティアのメンバーとして当たり前のように受け入れているというのも、かなりな驚きではあります(日本はどうなんだろう?)。またゲイである自分に気づいて悩み、好きな人が出来てとうとう両親に告白するくだりも、あまりに素直に語られるので、却ってすがすがしいものがあります。ところで前述の英国の国際慈善組織が、海外に行くボランティアのために用意しているマニュアルの中のその国での生活に役立つ電話番号リストに、これも当然のようにその国のゲイのグループの連絡先まで載っているというのもすごいですね。

障害と特異な能力を合わせ持った普通でない青年のお話ですが、「ひとと違う」ということで差別されず、家族や愛する人と支えあいながら自分らしく生き、この社会や隣人のため、自分のできることをやっていきたい、自分が生きるこの世界との一体感を大切にしたい、という彼の願いや望みは、わたしたちとまったく同じです。この先長い彼の人生において、この願いが叶うことを心から願わずにはいられません(そしてわたしたちの人生においても)。爽やかで、心洗われるような一冊でした。

→緑龍館 Book of Days

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ひかりごけ 改版

2007/02/06 17:26

堅牢な異世界のようなよっつの短編集

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この人の作品は初めて読みましたが、堅牢な異世界のようなよっつの短編が収録されています。
 戦時中、難破した船員同士が生き残る為に死んだ者の肉を喰らひ、遂には喰らふ肉を得るための殺人まで犯す表題作、加行僧が互いの命をやりとりするやも知れぬくだらぬ(しかし必然の)私闘に赴く前に、仏像と独対する『異形の者』、のどかな離れ島を舞台にした異様な復讐劇を描く『流人島にて』などの、異常な状況、極限の状況での人間を描いた作品と、漁業を生業とする小さく穏やかな海辺の村に、町から嫁いできた市子が、不漁続きの漁船に乗りたまたま出くわす小さな幸運(これが主題ではない)の話である『海肌の匂い』は、かなり違うシチュエーションの作品ですが、テーマは同じです。描かれた異常・極限の状況も、特別のものではありません。『海肌の匂い』で描かれた普通の状況もまた、凄まじく極限のものです。「生きる」と言うこと自体が、全て異様で極限のことなのです。人生とは、ホラーなり。
 久しぶりに読んだ気のする重い小説でした。
作者の武田泰淳は寺に生まれ、僧侶の資格も持っています。『異形の者』で描かれた、僧侶になるための加行の有り様も圧倒的な迫力があります。しばらく前に家の近所のコンビニで、托鉢して袈裟を来た少年僧が、ファミ通を立ち読みしてましたね。関係ないけど。
作者は、キリストの話も書いているみたいですが、読んでみたいですねえ。
→ 緑龍館 Book of Days

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

バトル・オブ・ブリテンとヨークシャーの片田舎で牛や馬を相手に孤軍奮闘するヘリオット先生

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 読んだ本の奥付をみたら昭和56年の第一版となってましたから、買ってから 20年以上経って読んだことになります。とてもいい本だったうえに、今でも現役みたいなのがうれしい。翻訳が池澤夏樹なんですよね。これもまたなんとなく嬉しかった。
 ヨークシャーの片田舎で牛や馬を相手に奮闘する獣医のヘリオット先生と地元の人たち・動物たちとの心温まるエピソードを綴ったエッセイですが、この田舎でのほんわかしたお話しとイレコで、第二次世界大戦、英国空軍でパイロットとして訓練を受けるときの軍隊生活のありさまが短く綴られて行きます(ハードな軍隊生活の合間に田舎での獣医の頃を思い出す、というような設定)。軍隊でのお話もユーモアのある筆致でほんわかしたお話が主体ですが、史上まれに見る激戦のひとつとして知られるバトル・オブ・ブリテン(英国上空を舞台にしたドイツ空軍と英国空軍の戦いのこと)真っ盛りの頃のRAF(英国王立空軍)ですから、登場する戦友のうちのかなりがロンドンの空に散ってしまったんでしょうね。そんな気取りや血生臭い雰囲気は完全に排除されていて、文章の中には全く見られません。お話の主体はあくまでも、田舎での獣医としての生活ですが、そのために却って、ヨークシャーの美しい自然の描写や、そこで生活する人々の平和で人情に溢れた有様が際立って感じられます。

→ 緑龍館 Book of Days

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ファインマンさん最後の冒険

2007/01/20 03:30

『チューバ友の会』にようこそ!

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 通勤電車の中で読みながら、何回笑いを必死で噛み殺し、回りの人に気味悪がれたことでしょう。全く途方も無い話ですが、ノン・フィクション。とんでもないといえば、リチャード・P・ファインマン自身が、実にトンでもない人物です。プリンストンの核物理学専攻 大学院生時代に、マンハッタン計画に携わった彼は、ロスアラモスで趣味の「金庫破り」(!)の技を磨き、原爆開発の機密書類が全て保管されていた金庫の鍵をあけて、中に真っ赤な文字の走り書きで政府の最高機密保全のいいかげんさをからかった置手紙を残しておいたり、またドラムの名手としても有名で創作バレエ音楽の作曲と演奏を担当し、国際コンクールで賞を取ったり、朝永振一郎と一緒にノーベル物理学賞なんかも受賞してたりしますね。ホントに様々な、ひとりの人間のワザとは信じられないような冒険の数々が、『ご冗談でしょう、ファインマンさん』、『困ります、ファインマンさん』(共に岩波現代文庫、ぼくの(☆☆☆☆☆)本です)などで紹介されていますが、本書はそんな彼の最後の大冒険のお話。彼と30年下のドラム仲間であるラルフは、「いったいぜんたい、タンヌ・チューバはどうなっちまったんだ?」という大問題の解明のため、10年の歳月をかけ、世界を又に八面六臂、縦横無尽の大活躍、大活劇を繰り広げるわけですが、そもそも『タンヌ・チューバ』とは何なのか?
 これは、ファインマンがまだ11歳、1930年頃に彼の秘蔵のコレクションであった三角形やダイヤ形の素晴らしい切手を発行していた、れっきとした独立国、モンゴルの上にくっついたちっちゃな国の名前なのです。首都は、KYZYL(まともな母音が一個も入ってない)。それが、ソヴィエト自治共和国のひとつに繰り入れられてしまい、冷戦下で外国人の出入りが一切禁止されていることが判明。ふたりはこの国の謎のヴェールを一枚一枚剥ぎ取りながら、何とか一緒に潜入を試みるのですが、その企てがやがては。。。
 「面白うて、やがて悲しき」物語。すばらしい本です。物理学の話は全く出てきません。冷戦下の米ソを舞台にした一昔前の冒険譚とも読めるでしょうが、そんな見方はどうでもいい。人間にとって夢とは何か、人はなぜ夢を追い求めるのか、なぜ時には夢の為に自らの命も捧げるのか、に対するはっきりしたひとつの答えが語られています。そういう夢は、太古の昔から時代を超越して続き、人類を引っ張っていく唯一のものなのです。ぼくも『チューバ友の会』に入会しよっと。

→緑龍館 Book of Days

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

いわゆる「健常者」でもみんな、多かれ少なかれ「ビョーキ」持ち。「ビョーキ」の人でも、「健常者」の面倒見てあげられることは、たくさんあるんだよ。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

北海道は襟裳岬の近辺に、人口1万6千人あまりの小さな過疎の町、浦河町という日高昆布などが主要産品である漁村があります。この町にある浦河赤十字病院の精神科の患者さんや入退院者を中心に、『べてるの家』という相互扶助の組織が出来たのが今から20年前。当初、日高昆布の袋詰の下請け作業から出発しましたが、現在では総勢150人の分裂病や被害妄想、躁鬱症など各種の精神疾患を持つ人たちが、昆布と「ビョーキ」を元手に、年商 1億円 規模の事業を展開し稼ぎまくって(?)います。
地域の人たちとの積極的な交わりを通じ、現在では単純な下請けとしてではなく会社も立ち上げ、事業の主体として日高昆布の産地直送販売を行なっており、これ以外にも、宅配や福祉商品の販売、OA事業に、旅行代理店、出版事業、はては金融融資業務まで、タコの足式の事業展開。町起こしの主体として、「健常者と地域のために出来ること」、をビョーキの人たちが模索しています。町の人たちに対する迷惑の掛け方も正々堂々。年に一回の「幻想&妄想大会」(その年、一番すごい幻想や妄想を見た人が表彰される)も早や十数回、地域ぐるみの一大イベントとして定着したみたいですし、分裂病や被害妄想などの人を主人公にしたドキュメンタリー・ビデオのシリーズ販売など、その活動はとてもユニーク。ビョーキは隠すものではなく、ビョーキの人も健常者から面倒を見てもらうだけの存在では決してない。いわゆる「健常者」の人たちも改めて見てみれば、多かれ少なかれ「ビョーキ」持ち。「ビョーキ」の人でも、「健常者」の面倒見てあげられる部分は、たくさんあるんだよ。
とても言葉の多い饒舌な本ですが、「心の病い」というものは人間関係から生じ、その人間関係を規定するのが「言葉」なわけですから、何となく説得力を感じます。
以下、ちょっと抜き書きのご紹介。
● 『べてる』のモットー
・ 昇る生き方から降りる生き方へ、右下がりに生きる
・ 苦労を取り戻す
・ 偏見・差別大歓迎
・ 会社 - 利益のないところを大切に
・ 安心してサボれる会社作り
・ 病気は治すより活かすもの。
・ 昆布も売ります、病気も売ります。
・ べてるに来れば病気が出る
● 弱さとは、強さが弱体化したものではない。弱さとは、強さに向かうための一つのプロセスでもない。弱さには弱さとして意味があり、価値がある。
● 人間関係において苦しんでいるという点においては(健常者も精神障害者も)まったく同じ・・・関係論ということで当てはめていったときには、そこは誰も成功していないのです。誰もが苦労して、誰もが答を求めてうごめいているという構造があるわけです。
● むしろ関係論で見ていったときに、”発病する”ということが「関係の危機を緩和する装置」として働いている部分が見えてきた。逆にそういう緩和装置を持たない私たち(健常者)はどこまでも泥沼になるわけですよ。
● 精神病の治療というのは、基本的には、日本語学校というか、コミュニケーション教室にみんなが参加しているようなものです。それは、病気している人でも、病気でない人でも同じですよ。
ぼくらも言葉を知らないんです。わかっているようでいて、大事な場面に大事な思いをきちんと出せるようなコミュニケーションを知らないっていうか。

「患者」の人たちが、全て実名・写真入りで登場しているのは、最初びっくり。「医学書院」というオカタイ出版社からの刊行であるのにも感心しました。NHKや他のテレビ局のドキュメンタリー番組でも何回紹介されているみたいですが、この「べてるの家」に関しては、関口宏氏の著書、『ひきこもりと不登校』(563)の中で紹介されているので初めて知りました。

→緑龍館 Book of Days

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本海峡を渡るバイオリン

2007/02/14 18:45

音楽っていいなあ、人間ってすてたもんじゃない。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 語りを原稿起こしして再編集したものですが、波乱万丈の内容に訥々とした語り口が、胸にじーんと迫ってくる自伝本です。
 生活苦のため中学生のときに朝鮮から日本に渡って来た著者は、戦後米兵相手の輪タク(人力車みたいなもの)の運転手をしながら苦学して大学に通いますが、ある日偶然聴いた講演がもとで、バイオリン製作者になることを志します。しかし大学卒業後、訪ねて行った全てのバイオリン製作者から朝鮮人だということで弟子入りを拒まれ、ついには木曾の山奥にあるその頃日本で一番大きかった機械製作バイオリンの鈴木バイオリン工場からも、外国人だということで工員採用さえ拒否されてしまいます。そのまま木曾の山奥に居着いて数年間、山中の道路建設現場の日雇い労務者をしながら、仕事の合間にバイオリン製作用のいい木材を拾い集め、バイオリン工場の窓から製作工程を目で盗み、工場の技術者と知り合いになってからバイオリン製作の実際を耳で学ぶという生活を重ねつつ、建設会社の敷地に自分で建てた掘っ立て小屋の中で一人、全くの独学でバイオリンの製作を開始します。このときが30歳前後。それからもひたすらバイオリン製作にのみ打ち込み、遂には1976年、国際バイオリン・ビオラ・チェロ製作者コンクール6部門のうち、5部門を一人で制覇、現在では、世界に5人しかいないバイオリンの無鑑査製作者、マスター・メイカーの称号を得るまでになります。
 音楽に対する愛情と、朝鮮戦争など凄惨な状況の中でも息子のことのみを思い生きて来た故国の母親に対する愛情のふたつが、この本の大きな柱となっていますが、ふたつとも半端ではありません。また韓国の独裁政権時代に一時帰国したとき、義兄に偽証で密告されスパイ容疑で取調べを受けた話など、時代柄かなり陰惨で悲惨な話も結構出てきますが、著者の人生に対する態度のためでしょう、全体にとても明るく清々しい印象を受けます。
 バイオリン作りに対する情熱を垣間見させてくれる製作に関する驚くようなエピソードが山盛りですが(例えば、夜、畑に静かに鳴り響くみみずの透明ではっきりとした鳴き声が、あまりにストラディバリウスの低音に似ていたものだから、ミミズを乾燥させた粉をニスに混ぜてバイオリンに塗ってみたけど、やっぱり駄目だったとか)、またバイオリン製作を通じて知り合い、援助も受けた著名な演奏者との交流のエピソードもユーモアのあるもの、ほのぼのしたもの、泣けてくるものと、本当に音楽っていいもんだなあと、改めて感じさせてくれるものばかりです。イツァーク・パールマンやメニューイン、ダヴィッド・オイストラフや安益泰、それに日本のバイオリン演奏家たちの舞台裏でのちょっとした挿話も味わいがあります。
 愛する母親の話はかなり理想化されているのでしょうが、それも著者のバイオリンや人生に対する情熱・愛情、理想を追い求める心と重なり、自分の人生に対する前向きな姿勢を感じさせてくれて、却ってそういうところも感動的です。
→緑龍館 Book of Days

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

肩胛骨は翼のなごり

2008/10/03 13:48

出会えてよかった、と思えるような本です

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

郊外の古びてぼろぼろの一軒やに引っ越してきたのは、若い夫婦と小さな息子、それに生まれたばかりの赤ちゃんの四人家族。しかし赤ちゃんの妹は重い病に侵され病院に入院し、母親も付き添いで家を空けることになります。心配にこころを痛める少年は、それでも家のペンキ塗りや荒れ放題の庭の手入れなど、精一杯、家の修繕に父親を手伝います。やがて隣家に住む聡明でエキセントリックな少女と知り合いになり、危険だから絶対入ってはいけないと止められていた、今にも崩れ落ちそうな庭のガレージのなかに、好奇心に負けて入ってみるのですが、そこで思いもかけない不可思議な生き物に出会います。これ以上のストーリーは、紹介しないほうがいいでしょう。
とてもいい物語でした。ファンタジーですが不思議なリアリティがあり、しっとりとしていて、暖かくて味わい深く、出会えてよかった、と思えるような本です。ジュヴナイルですが、子どもだけに読ませるには勿体無い。文章もとても丁寧で、読んでいて気持ちがよく、また翻訳も第一級だと思います。
→緑龍館 Book of Days

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

まずは、「まえがき」からしてかなり心惹かれる本です。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 まずは、「まえがき」からしてかなり惹かれる本です。著者は吃音の臨床精神科医だそうで(何と魅力的な設定!)、セラピーのほうもかなりやっているようですが(現在は大学でも教えているとか)行間に現われる人柄がまことに魅力的です。本書はこの著者に対するインタヴューをまとめたもの、という形式になっていますが、インタヴューアーを務めている佐藤幹夫という人も中々侮れません。養護学校の先生兼 社会批評家とのことですが、アクティブで切れのいい進行ぶりで、単純なインタヴューというよりも(対談ではありませんが)積極的に自分の考えをぶつけている部分も多く、本書の魅力となっています(また、本人も認めている通り、所々先走るところもあり、そこも却って面白い)。
 内容は、主にこどもの「こころ」の問題を中心に、昨今の話題となった青少年犯罪事件なども絡めながら、実際の精神医療の考え方や現場を紹介したものですが、精神分析の根本的なアプローチの方法、理論的な問題から、現実の医療制度や日常の治療行為、話題のトピックに至るまで、扱う分野がかなり幅広いものであるにも拘らず、著者の視点がそこに一本はっきりと通っており、含蓄のある内容も多く、色々と考えさせられます。机上の論理ではなく、あくまでも「現場」からの視点を元に、考え語られてるためでしょう。
 最近、何か事件の度ごとに新聞にも出てくるいろいろな「人格障害」や「行為障害」、 ADHD(注意欠陥多動性障害)やPTSD(心的外傷後ストレス障害)などは、アメリカで作られたDSMという分類マニュアルによる単なる外見上(症状面で)の分類であり、病理による「病名」ではないこと。現代社会において、青少年の犯罪、特に年少者による極悪・猟奇事件が増えているような印象が一般にあるが、事実はその逆 −少年殺人の発生率は戦後を通じて現在が最も低く(年齢層別に見ると、実は50代による殺人率が一番増加している)、その不条理な動機や犯行行為も、最近とりわけ著しいものになっている訳では全く無い(もともと昔からそれが青少年犯罪の特徴である)ということ。青少年犯罪がマスコミで騒がれるのは、そのような事件が増えているためではなく、却ってそれが希少な現象になってきたから、という認識。精神鑑定と診断とはどう違うのかなどなど、「なるほど」という話も多いです。精神医療や青少年の犯罪問題などに興味を持っている人には、格好の筋の通った入門書だと思います。最後のほうでは、現代社会における「家族論」に一章が充てられていますが、この章も中々面白い視点で興味深く読むことができました。暫らくしたら、もう一度再読したいと思わせる本です。
→緑龍館別館 Book of Days

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

56 件中 1 件~ 15 件を表示