サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. あんころもちさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

あんころもちさんのレビュー一覧

投稿者:あんころもち

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本ウッドストック森の生活

2001/09/08 22:21

いつの日か訪ねたい、ウッドストックへ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 アメリカの田舎が こんなにしっとりと美しい(であろう)とは,私のイメージにはなかったものである。ウッドストックの森は、なんと自然に満ち溢れ、そして そこで暮らす人々がどれほど自然を愛し、守り、共存しているか…筆者の率直で暖かいまなざしから、思ってもみなかった、アメリカの自然が私を惹きつけた。それまでアメリカの大自然といえば、なんとなく 乾燥した、だだっ広い荒野が頭に浮かぶ私だったから。
 そして 環境問題や、動物保護についても、日常のひとこまから、わかりやすい文章で、しかも 筆者の熱い熱い思いが、ストレートに伝わってくる。
 日本でアメリカ人のパートナー、グレンとの偶然の出会い、京都と東京での暮らし、インドへの放浪の旅、そしてアメリカへ。
 はじめから、田舎暮らしにあこがれていたわけでもなさそうな筆者が、なぜ こんなにも 動物を 植物を 自然を愛し慈しみ 優しい目で見つめられるのか…? それは、アメリカの自然とそれを取り巻く人々の有り様に感化されたに違いない、と思える。
 アメリカの文化や人々が描かれている「森の家の修理物語」や「訴訟社会と契約会社のはざまで」などのはなしもアメリカという国の一面が象徴的に描かれていておもしろかったけれど、「ウッドストックの森の家」や「山に誘惑されて」の話に、私はすっかりウッドストックの森のファンになってしまった。こんなに素敵な田舎もアメリカにあったんだな…って。
 いままで、特にアメリカに思い入れのなかった私だけど、ウッドストックは別かな…って。いつか 必ず訪れたい、ウッドストックの森に。そう、思える一冊であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示