サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. てんてんさんのレビュー一覧

てんてんさんのレビュー一覧

投稿者:てんてん

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本Harry Potter and the philosopher’s stone 1

2001/10/03 22:44

お子様だけに読ませるのはもったいない!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 主人公ハリーはまだ赤ちゃんの頃に両親と死に別れ、伯母さんの一家に引き取られます。厄介者のハリーは毎日嫌なことばかり。ところが11歳の誕生日が近づくにつれ、ハリーの周りで不思議なことが起こり始めます。
 単なるシンデレラストーリーと思いきや、本作品は大人でも読み応えのあるミステリーです。ストーリー構成がしっかりしているからでしょうか。最後までぐいぐいと読者をひきつけてくれます。
 もともと児童向けの物語なので、難しい文章は出てきません。ただし登場人物が多いのがちょっとやっかいです。人名などをメモしておくと読み進めやすいでしょう。最初の数十ページを読破すれば、しめたものです。そのまま最後まで読まずにいられなくなるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

羊たちの沈黙

2001/09/16 13:51

天使と悪魔の運命の出会い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 言わずと知れた大ヒット映画の原作です。筆者は『ハンニバル』を読んでから『羊たちの沈黙』を読みました。ミステリー作品としては『羊たちの沈黙』のほうが数段上であることは否めません。『ハンニバル』のほうはミステリー要素が薄れ、ピカレスクロマンになってしまっています。その分、娯楽性には富んでいますが。
 本書の読みどころはクラリスとレクタ—博士の緊迫した言葉のやり取りです。レクタ—の天才的な記憶力と分析力に圧倒されながらも、冷静に応答するクラリス。これが続編『ハンニバル』へとつながる、運命の出会いになってしまうとは!
 もちろんクライマックスの犯人とクラリスの対決シーン。映画同様、読みながら思わず手に汗を握ってしまいました。映画ファンなら必読の一冊だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ももこのいきもの図鑑

2001/09/22 22:30

さくらももこワールドの原点?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 このエッセイ集は「アンアン」で連載されたものを文庫本にまとめたもので、挿絵のイラストもオールカラーで掲載されています。さくらももこさんは生き物が大好きらしい。犬、小鳥はもちろん虫、爬虫類も好きらしい。子供の頃から大人になってから現在までの、生き物との交流が嬉々として書かれています。例えば、冒頭ではアオムシを捕まえて飼っていたエピソード。アオムシがかわいくて、触りすぎて死なせてしまったこと。最近のエピソードでは、アリに興味がわいて、アリを捕獲して実際に飼ってみたこと、などなど盛りだくさんです。
 虫や小動物を好奇心いっぱいで観察しているさくらももこさん。動物の愛らしいしぐさに、飼ってみたくてしょうがなくなってしまうその姿は、実にほほえましいです。
 するどい観察力とわけ隔てなく生き物を好きになってしまう彼女の性分に、漫画家としての成功の鍵が隠されているのではないでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示