サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ごとう さやかさんのレビュー一覧

ごとう さやかさんのレビュー一覧

投稿者:ごとう さやか

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本炎の蜃気楼 1

2001/09/05 02:00

Re:とうとう出た、文庫版!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

≫キャラ設定は原作に忠実なので森野さんとか、ここまで原作通りでなくても…と言ってあげたくなるほど

 という書評を拝見しましたが、森野のキャラ設定(外見)は、原作通りではなくて、前任の東城さんの絵の通り…ですねっ(^^;)

 逆に、浜田先生ほどの力のある漫画家さんが、「自分の味を殺して(語弊があるかしら…)」描かれたという所に、ミラージュの持つエネルギーを感じます〜。

 本当に、“ふつう”の『人気小説の漫画化』であれば、ここまで一文字一句疎かにせず、かつ、原作にないプチオリジナルシーンも追加などという凝った作りにはならないですよね。浜田先生のミラージュへの熱い思いに乾杯…というか圧倒されます。

 浜田先生の背景は、とても細かく描き込まれているので、原作+この漫画文庫を持っていけば「松本ミラージュ・ツアー」が、2倍楽しめるのではないでしょうか(^^)。高坂が見ていた場所は立ち入り禁止とのことですが(笑)

 漫画文庫の装丁、黒背景+巻数の文字も、お気に入りです〜。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示