サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. まさとしさんのレビュー一覧

まさとしさんのレビュー一覧

投稿者:まさとし

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本避暑地の猫

2001/09/08 21:21

人間としてショックだった

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 初めてこの作品に出会ったのは、もう四半世紀位前の高校1年ころだったと思う。軽井沢が舞台でずっと霧に包まれた世界の話だった。まだ子供だったかもしれないが、作者が「避暑地の猫」を通じて何が言いたかったのか判らなかった。ただ自分の心の中にも大きな霧が立ちこめて、知らない世界を知った。
 2回目に読んだのは19歳頃、3回目は34歳頃、そして4回目は40歳になった時に読んだ。いつ読んでも心に大きな感銘を受けてしばし呆然とする。いつも宮本輝と戦いだ。生涯彼の作品と戦いだ。はずかしい話だが40歳になって初めて作品の内容と「この猫」が何かが理解出来た。でも一生読んでも面白い作品だと思った。これからも宮本輝と戦っていく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本唐沢家の四本の百合

2001/09/08 21:30

楽しかったよ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 簡単に作品の中に溶け込めました。若い20台の女性なんか読むといいと思うよ。絶えずドキドキ感が続き、最後に少しびっくりする。内容も判りやすいし、あっと言う間に読み終える。
 今後もたくさん読んでいこうと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本時計館の殺人

2001/09/08 21:00

綾辻の館シリーズを読んで

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 最初から犯人と思われる人物に注目して読んでいた。間違えなくコイツが犯人であると確信していた。綾辻のいつもパターンと思われた。しかし犯人当ては外れた。
 十角館などから比べると非常に読みやすく、楽しい本である。700ページの量の多さを感じれず読むことが出来る。最終的に綾辻行人の作品では霧越邸殺人事件に尽きると思う。作品の内容や描写等でもっとも優れている思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示