サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 桃ママさんのレビュー一覧

桃ママさんのレビュー一覧

投稿者:桃ママ

8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本女医 新書判 下

2001/09/19 15:42

それぞれが女医としての生きる道

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ペイジに心を許した患者が望んだ安楽死をめぐっての裁判で、真の恋人と上司を得て女医として再出発したペイジ。やっとめぐりあえたと思った男性に富のために自殺にみせかけられて殺されたキャット。病院の手違いでHIVに感染してしまった患者と恋におち、女医だはなく看護婦として生きていく道を選んだハニー。3人の女医が新たなる道を歩き出すまでの話が現実的でスリリングなものだったので本当におもしろかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本女医 新書判 上

2001/09/19 15:35

医者として生きる女達

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 男性にうらぎられたために、男性を信用できず、男性社会である医者の世界で、権威をふりまわす教授のもとで医者を続けるペイジ。幼少のころの父の性的虐待を傷にもち、素行の悪い弟のために医者としての力を使い、同僚の男性にかけの種にされているともしらないキャット。裕福な家に生まれたが、家族の愛情を受けず、親の言うがまま女の武器を使って医者の道をゆくハニー。3人の女医がそれぞれ男女関係をおりまぜながら女医としての生きる道を描く話がおもしろくて、とても目がはなせなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

子供は宝

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ダウン症の子供は感性が豊かで何をするのも一生懸命であることがよく分かった。障害をもって生れてこようと、親に生命のすばらしさを教えてくれるのは同じなのだ。私達の社会は健常者だけで構成されているわけではない。相手が障害者であっても自然にふるまうことが大切なのではないか。そのためにも障害者の人とももっと接する機会を多くもてるような社会をつくるべきだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

息子の犯罪により苦悩する両親の悔恨の手記

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「酒鬼薔薇聖斗」と名乗り、幼い子供の命を奪った少年A。日本中を震撼させた少年犯罪史上最も凶悪で、残忍な犯行は少年法により守られ現在も開示されていない。
 自分たちが育てた息子を信じたいのに息子の異常な行動は事実であり、その一面を認識していなかった自分たちを責め苦悩する日々。被害者の知る権利に答えるためにつづった両親の悔恨の手記。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

モモタロウが生まれた!

2001/10/01 19:09

人間とゴリラの愛情物語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 昨年の夏、上野動物園で初めて誕生したニシローランドゴリラのモモタロウ。飼育係である作者の繁殖にかける執念は本当にすばらしく、その悪戦苦闘ぶりが見事に描かれている。あらゆる努力の中で生まれたモモタロウにはとても感動した。
 また、ゴリラの人間的な部分もよく分かり、十分楽しめた。繊細な心を持つゴリラと人間の心の通い合いもほほえましく、モモタロウに会いに行きたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

どんな状況においても支えてくれる人がいてその人に生かされている

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 私はこの本を読んで、こんなどん底の人生を送っていた人がこうも生まれ変われるものかと思いました。それも司法試験を一発で合格できるなんて、それは並大抵の努力ではなかったことでしょう。大平さんを死にたいと思うまで追い詰めたのも人間であり、また大平さんに目標を与え生きる勇気を与えたのも同じ人間である所がなんともいえません。自分を支えてくれている人に感謝したい気持ちでいっぱいになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

再婚ですが、よろしく

2001/09/19 15:18

いつまでも女

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 58歳で再婚。そして死ぬまで人を愛し続けたいという作者。女である私にはその気持ちがよく分かる。女はいつまでも女でいたいのだ。毎日家事、子育てにおわれ、自分にかまうことなくただ老いていってしまう自分。58歳で新たな青春を手に入れた作者の幸せを十分味わえた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

胎児の記憶

2001/09/19 15:13

貴重な記憶

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 乳児記憶の所有者である作者の語る貴重な体験。胎児がこんなにも自分の周りの世界を理解しているなんてとても神秘的だ。ほとんどの子供が3歳までなら、胎児の記憶を持っているというが、それはとても貴重な記憶であると思う。私も娘が3歳くらいになったら、一度胎児生活についいて聞いてみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

8 件中 1 件~ 8 件を表示