サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. sakana_melodyさんのレビュー一覧

sakana_melodyさんのレビュー一覧

投稿者:sakana_melody

3 件中 1 件~ 3 件を表示

スマリ兄ちゃんにベタ惚れ♪

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 スマリは真っ白なキタキツネの兄ちゃんで、孤独で、タフで、そして優しい。スマリが弟たちや森の仲間を見守る、静謐な、でもやわらかい優しさに満ちたまなざしは、遠藤作品すべてを通して語られる、作者自身の「生きること」に対する暖かいまなざしに通じていると思います。
 読みおえたあとの、ほっとした独特の読後感がサイコーで、また何度でも読み返してしまう、そんな本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

連載再開を強く望む!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

甘城ブリリアントパークのスピンオフ作品(八奈川景晶著)の第三巻にして、シリーズの区切りとなる巻とのこと。相変わらずのハイテンション、あいかわらずの東司のハーレムっぷりに加え、この巻では、甘ブリ本編のキャラとの絡みが頻出。なかなか面白い。しかも、なぜか人が違ったような戦闘力を見せるニャーソン大佐とか、迷子相手にいい人っぷりを発揮するニャーソン大佐とか、誰も期待していなかったニャーソン大佐の「いい話」もテンコ盛り!誰得?という気もするが、読後感が爽やかというのはラノベにとって極めて重要なのだな、と再認識である。続きもぜひ読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神様のメモ帳 9

2015/02/03 20:24

さよならアリスまた逢う日まで

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

涙なくしては読めない、杉井光氏人気シリーズの最終巻(しかし最終巻が出るまでに、いくつかの別のシリーズを終わらせたり、と、しばらく時間が空いた)。アリスの実家の秘密が明かされ、アリスから強制的に引離されたナルミは、アリスを上回るハッキングスキルを持つアリスの「叔父」に、とんでもないしかけで立ち向かう・・・ がんばれ、ナルミ!

手に汗握る展開、文句なしの五つ星!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示