サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. フレンチさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

フレンチさんのレビュー一覧

投稿者:フレンチ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

本で旅する。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 カフェといえばパリだと思っています。パリには何度も行ったことがあるわけではないのに、何でだかそう思っています。国内のカフェのところどころにパリ的テイストを感じているからかもしれません。

 この本ではパリのカフェやお菓子にまつわる色々が載っています。立ち飲みカフェなんていうものがあるのも初めて知りました。そんなカフェの一つである「カミーユ」に行ってみたいと思いました。写真も奇麗で解説も丁寧。読んでいて楽しい本です。

 巻頭の著者の言葉に「お菓子のことをもっと知りたいと思ってパリに住み始め…」とあり、素敵だなあと思い、巻末の著者紹介のところを見ると「コルドンブルーで学び、現在パリ在住」とありました。納得。ふらっと立ち寄っただけの旅行者の解説などとは全然違うと思いました…。だからこそ、たまに(または一度だけ)パリに訪ねる人間にとっては価値ある一冊ですよ。短い滞在時間なら、信頼出来る情報を仕入れて行動するのは賢い方法ですよね。

 ところどころにあるエッセイも素敵だし、巻末にある「カフェとソロン・ド・テをめぐるためのフランス語レッスン」や「日本で作れるパリのカフェのお菓子レシピ」等かゆいところに手が届く構成も素敵です。作者のこの本に対する並々ならぬ情熱と愛情を感じます。パリに行く時は是非読んでおきたい一冊です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示