サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 茶 さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

茶 さんのレビュー一覧

投稿者:茶 

1 件中 1 件~ 1 件を表示

『リング』『らせん』の人がオートバイ乗りだったなんて…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 『リング』『らせん』の作者が書いた、アメリカ大陸をオートバイで横断する本なのです。小説ではありません。フィクションでもありません。旅行記なのです。最初、バイク好きのぼくはその題名に惹かれてこの本を手にしました。で、読み進めたわけです。そしたら文章がやたらと上手いのです。こりゃ単なる旅行好きの若者の話ではないな、と感づきました。著者が作家を目指していた頃のことも書かれています。バイクとは関係ない話なのですが、面白いのです。そして、バイクの話になります。若い頃に計画して成し得なかったことをやったのです。その時の話なのです。この辺りでようやくぼくは『リング』『らせん』の人だと気づきました。やっぱり文章が上手な人は何を書いても上手だということがわかりました。
 ただ、この本は単なる旅行記ではありません。著者が後書きにも書いているのですが「日本とアメリカにおけるバイクを取り巻く環境の差と、そこから浮かび上がる国民性の違い。さらにはオートバイという楽しいけれどちょっと危険な道具と、どう向き合うのか、その態度の差は社会の在り方に象徴的に現れている」ということも深く追求しているのです。鈴木ファンの方、そしてバイク好きの方、是非ご一読をお勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示