サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Urauraさんのレビュー一覧

Urauraさんのレビュー一覧

投稿者:Uraura

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本秩父宮 昭和天皇弟宮の生涯

2002/07/04 20:00

この夏こそ熟読すべき1冊

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

毎年、夏になるとすでに遠ざかった感のある「昭和」に思いをはせる行事が多い。
8月15日の終戦日は、日本人である限り、当時を知る人間が1人もいなくなっても忘れてはならない1日だろう。
そこで、この1冊を読むことをすすめる。秩父宮とは、昭和天皇の弟宮である。ときあたかも軍事色を帯びていく時代に軍部の要職を務め、苦渋に満ちた日々を送った貴重な記録だ。昭和の時代を書きつづった本は数多いが、昭和天皇をはじめ天皇家ほど昭和に翻弄された家庭はなかったといっていい。
戦中、戦後は病弱で思うにまかせず、昭和天皇よりもずっと早く亡くなる。病室を訪れる天皇の姿が痛々しい。好むと好まざるとにかかわらず、我々はこうした時代を経て現在の繁栄を享受している身。日本の国、天皇制、そして敗戦とをじっくり考えるためにもこれ以上の好著はない。ぜひ手にとってページを繰ってほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示