サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 小棗さんのレビュー一覧

小棗さんのレビュー一覧

投稿者:小棗

3 件中 1 件~ 3 件を表示

イカルス・ガール

2007/05/26 19:31

もうちょっと、が届かない怖さと不思議。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

奥に階段の見える光の差し込む廊下に、赤と白の風船を持った黒いウサギ(?)がぽつんといる。ふんわりとした牧野千穂さんのカバーイラに一目惚れして買ってしまいました。「土曜日の夜。あたしたちは<落ち始めた>。したに」「リリカルでパワフル、ちょっぴり怖いファンタジーの傑作!」という帯の文句にも興味をひかれて。
8歳のジェスの自分探しの物語、とあるけれど、自分を探す、という能動よりも、居場所のわからない不安やふたつの血による価値観や宗教観による混乱という受動のほうを強く感じます。自分を形作れない、どうしたらいいのかわからないジェス。そんなジェスが出会ったティリティリはジェス以外には見えないみたいで、そしてジェスは教えてもらうのです。「あんたには双子のお姉さんがいたんだよ」と。ティリティリがそのお姉さんなのかと思ったらどうやら違うみたいで。お姉さんが一体どうやって亡くなったのかが気になりました。
霊の出てくるオカルトと云われれば、ああそうか、と思うのは、子ども向けの感覚に近いのかもしれません 。‥‥腕の長い女の人は何なのかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

おおむね密室‥‥。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

言葉の拾い方や描写の仕方で、なんだか翻訳モノを読んでいるような気になりました。
元ロンドン警視庁の主任警部で現在は写真家の叔父・エドワードが何を考えてそんな生活をしているのか、彼のケイトに対する借りとは何か、得意だった推理が「出来ない」のは何故なのか、事件そのものよりそっちのほうに興味が。いっそ事件はなくてもいいんじゃないのと思ったりして‥‥いやいや。ケイトのロマンスを期待しつつ、躱され続けました。がくり。古い映画を観ないので「お楽しみはこれからだ!」の台詞自体にピンときません。
『アルレッキーノの柩』と同じ世界なので、このままぐるぐると繋がっていったらおもしろいかも。
「なぜ人物の写真を撮ることにしたの?」
 茶色の瞳が刹那鋭くわたしを射た。質問は無視されそうな気がしたが、視線を鏡に戻したあと、彼はそっけなく答えを寄越した。
「人の顔がどうやって嘘をつくかに興味がある」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

アルレッキーノの柩

2006/11/03 19:12

ホームズの雰囲気が好きなら。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ヴィクトリア朝ロンドン。主人である鷲見新平の旅行中、留守を預かる藤十郎は金欠で下宿を追い出されて途方に暮れていた。トラファルガ−広場でため息をつくこと十三回。そのため息が原因で、赤眼鏡の公爵に連れられて、報酬と引き換えに《十二人の道化クラブ》で起きた怪事件の調査を引き受けることに。
あらすじに「古き良き探偵小説の香り息づく本格ミステリ」とありました。探偵小説の香り息づく‥‥微妙な表現ですね(苦笑)。主人公の藤十郎は十二番めの道化として事件に巻き込まれつつ過去の記憶に苛まれる、御手洗シリーズの石岡くんのような役割か。探偵役は、新平さんなのかなぁ。彼がその能力を持っていることに間違いはありませんが、謎の解かれ方は「探偵によって」ではないんですよね。
登場人物が多いのですが、誰がどういう立場でどういう考えを持っているかをきちんと把握しておかないと、確りとは楽しめません。そもそもなんで新平さんと藤十郎が日本人設定なんだとか、ユーレカを文字で書き残す意味って何だとか(叫ぶのはわかるよ?)、十三回ため息をつかなかったらどうしたんだとか(他の事象に計画性があったのなら、と思うと‥‥)、催眠術の使い方がちょっと都合良すぎて鼻白んだとか、色々となかなか集中させてくれない本でした。いや不自然さは「道化」ということで消されてしまうのか‥‥。珠紀の残像と「アルレッキーノの柩を作り、与えよう」というハートレイ公爵のこだわりっぷりに心が動くだけに余計に気になります。
真瀬さんの今までの本では、人と人の繋がり方、関係の在り方、壊れ方(人じゃないモノも含む)を愛していたので、そういうものも期待していた私にとってはちょっと外れかも。ないわけでもないのですが、もう少しそこで突っ込んで欲しいなぁと思わざるを得ません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示