サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 旅 さんのレビュー一覧

旅 さんのレビュー一覧

投稿者:旅 

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本論理トレーニング

2003/01/17 01:24

『論理トレーニング101題』を読む前に!!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 人の話を聞いている時、もしくは何か読み物をしている時、何を言っているのかがいまいちわからない。もしくは、言わんとする事は理解できるのだが、その内容が何かおかしい…、でも何がおかしいのかが、いまいち上手く表現できない。こんな経験をした事はないだろうか。自慢ではないが、私は頻繁にある。
 また逆に、人に話をしている時、もしくは何か書き物をしている時、その内容を自らが客観的に見て何かおかしいと違和感を感じる。または、人からあまり理解されない。批判や質問を受けた時に、体系的に答えを纏められない。こういった経験はないだろうか。悲しい事に、これも私は頻繁にある…。
 本書は、その直接的な解決方法を示している、というわけではない。むしろ、上記のような経験をした事のある人にとって、なぜこんな事になるのかと、いう原因を示していると思う。
 本書は、以上のような人にとって良書である。また、論理学の初歩の初歩という位置づけでも良いと思う。
 本書もその後出版された『論理トレーニング101題』と同様、練習問題を解くという点では同じだが、本書は、まずその全てに答えがあるわけではないという点。次に、本書の方がより詳細な内容であり、深く理解できる内容であるという点から、まずは本書に取り組んで、そして次の『101題』へとのぞんではどうだろうか。くどいが、再度、決して後悔する事のない良書という事を述べておきたい。
 【本書の構成】
 1 議論の流れ
第1章 順接の論理
第2章 逆説の論理
第3章 議論の構造
 2 論証
第4章 論証の構造
第5章 論証の評価
第6章 推測
第7章 価値評価
 3 演繹
第8章 否定
第9章 条件構造
第10章 推論の技術
 4 議論をつくる
第11章 批判への視点
第12章 論文を書く

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示