サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 音楽マニアさんのレビュー一覧

音楽マニアさんのレビュー一覧

投稿者:音楽マニア

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本楽器の物理学

2006/07/19 08:36

歯ごたえ十分

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

分量的にも内容的も歯ごたえ十分の本である.
安藤由典氏の「新版 楽器の音響学」なんかと同じレベルと思って読み始めたなら,多分,どの章も最初のページで挫折することになろう.
この本から真に有益な情報を引き出すには,かなりの程度の工学的な知識が必要だ.多くの数理的な解析が用いられており,物理と音楽の両方に興味が深く,ある程度の造詣のある人間にとって,これほど面白い本はないだろう.
原著者のフレッチャーは,音響学における世界的な研究者であって,この包括的な本を著すのにもっともふさわしい人かもしれない.
楽器という道具と音との関わりは,音楽を演奏するもの,物理や工学を知るもの,両方にとって,簡単に割り切れるようなものでないことを思い知らされる.フレッチャー自身が,この本に示された研究成果が,十分なものでないことを認識しているだろう.
この本を丹念に読めば,楽器演奏についての,根拠のない思い込みや,神話めいた話のバカばかしさを知ることになるかもしれない.その一方で,実際の演奏者たちのつむぎ出す音の深遠さを,再認識することも間違いない.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示