サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ごがゆうこさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年4月)

ごがゆうこさんのレビュー一覧

投稿者:ごがゆうこ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本おとなしいアメリカ人

2004/09/21 18:24

傍観者なんていない

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

新しい文庫版が出たので、読んでみた。
といって、グリーンのよい読者ではないので、この小説を読むのははじめてだ。
何と言って、グリーンの場合、驚くべきことではないのだが、
ほんとに底知れない読ませる力があって、それは、底知れないと言ったわりには
かなりありふれたもののようにも思える。
しかしどうなんだろう、いまは、それを論じている場合ではないのかも。
訳者は1960年のあとがきでこう書く。
「いつの日か冷戦がやみ、この物語が一篇の歴史小説として読まれるときが来ても...」
冷戦がやもうが何しようが、この物語も、広場で手製爆弾が炸裂するシーンも、いまなお歴史にはなっていないし、
早い話、書かれたときよりも、作者が死んだ今の方がもっとリアルに生きているではないか。
そういうことが永遠に終わらないのかもしれない現在、
結局傍観者にはなれなかった主人公ファウラーの苦悩は、正しくわたしたちに受け継がれている。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示