サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 磯崎 礼さんのレビュー一覧

磯崎 礼さんのレビュー一覧

投稿者:磯崎 礼

4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本爆発道祖神

2002/09/19 14:37

まるごと町田ワールド!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

初めからその表紙に驚き(勿論凝った装丁は素晴らしいですが)、中をパラパラめくって総てがナンセンスに思える写真の数々にまたもやビックリ。しかし、これが何度もめくったり、好きなページから勝手に読み始めたり(内容は2.3ページの写真付きエッセイ集なのでどこからでも読めます)していくと何が意味があるものなのか、ますます分からなくなってくる。そして何故か笑いがこみあげてくる。これぞ町田康の世界!という痛快感が襲ってきて、そんな作者を好きになっている自分に気づく。きっとあなたも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本白蛇島

2002/09/19 14:26

純日本文学界の新手

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この作者の作品は他も毎回読ませていただいているが、その中で一番分かりやすく、読んだ後の爽快感が感じられる作品。内容は初め横溝正史などを連想させるようなおどろどろしい妖しい世界が展開されるが、日本古来の言い伝え、島の閉塞感、主人公の現代的な悩みなどをうまく捉え、最後まで読み切ると全体のまとまりが実に見事なことに驚くであろう。冒険小説として中学生くらいから読んでほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本太陽待ち

2002/04/25 23:06

辻仁成の新境地

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

“戦争”を通じて語られる幾人もの心の声。交錯するかのような心の声は、物語の中では一つの章ごとに区切られ、最後まで読者を惹き付けて離さない。大作だが、不思議と一気に読めてしまう。まるで、村上春樹氏の「ねじまき鳥クロニクル」にハードボイルドが入ったような感じ、といえばお分かりいただけるでしょうか? 辻氏はこれで小説家としての新境地を開いた、といえる画期的作品でもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本陰陽師 画集

2002/04/25 23:25

一見の価値あり!!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

とにかく美しい! 内容は岡野版「陰陽師」マニア向けですが、この絵の美しさはたかが漫画、という方でも素晴らしいことは一目瞭然でしょう。先日原画を見る機会がありましたが、岡野さんは一枚一枚の「絵」に非常に丁寧かつ魂を込め描かれている、という気迫がひしひしと感じられました。平安の芳しい香りがこちらまで伝わるイラスト集です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示