サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. サブリンさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

サブリンさんのレビュー一覧

投稿者:サブリン

1 件中 1 件~ 1 件を表示

リトル・ベティ・ブルー猫のマザーグース

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この絵本は、単なる「翻訳版マザーグース」ではない。
意訳でも“超訳”でも無く、原文の心理的状況を継承しつつ、
新たな独自のオリジナル作品として仕上がっているのがスバラシイ。

元のマザーグースは、割と漠然とした内容で、必ず韻を踏むタイプの詩になっているが、日本だとそのような文化が無く、無理矢理訳してしまうと、肝心の雰囲気を壊してしまうことになる場合が多い。この絵本の詩は、ウマイ具合に原文のテンポや雰囲気を継承しつつ、子供だけではなく、大人も読める、実に巧妙なバランスになっている。巻末にある本人による解説にもあるが、捉え方に捻りがあり、今までのマザーグースものとはひと味もふた味も違う深みが感じられるのだ。
マザーグースは、当時の時代背景などを反映した、結構キツイ内容の詩が多い。実際、この「リトル・ベティ・ブルー」に収録されている幾つかの詩も「おいおい」というような内容のものもある。そういうのを「教育に悪いから」という見方をする人もいるかもしれないが、「この詩はどういう心理や時代背景で作られた詩なんだろう?」と考えさせられるので、ちょっと勉強してみたい気になった。子供をお持ちの親は、突っ込まれないように前勉強をした方がいいのかも知れません(笑)。これはマイナス点ということではなく、こういう作品を通して、上辺だけの教育ではなく、子も親も実社会の理不尽を考え、対処することのできるようになっていくのでは無いだろうか。

もちろん、絵もイラストレーター・YOUCHAN独特の、暖かみのある質感とライン、そして猫愛?が伝わってくる、高品質な仕上がりだ。子供だけでなく、誰でも気に入ること間違いナシと、読み返せば読み返すほど感じる、久しぶりに気に入った絵本だ。ぜひ入手し、マザーグース、そしてYOUCHANワールドを堪能してもらいたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示