サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ゆきさんのレビュー一覧

ゆきさんのレビュー一覧

投稿者:ゆき

2 件中 1 件~ 2 件を表示

原作とは違います!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 まずこのマンガは、清涼院流水先生著『ジョーカー 旧約探偵神話』を基盤としています。ですがストーリーは全く新しく、原作者の先生がシナリオを書いていらっしゃるそうです。

 ストーリーも魅力ですが、ゴチャゴチャとグロテスクにしがちな推理マンガをきれいにまとめていてユーモアを持たせて、なによりこのマンガにかわいくてかっこいい作画を書かれている蓮見桃衣先生も魅力でしょう。

 複数人出てくる探偵たちの個性なども魅力的です。本当に色んなタイプの探偵が出てきます(ただし人物を詰め込み過ぎたきらいは否めないですが)。

 原作を知っている方も読んでみたらどうでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ジョーカー 旧約探偵神話

2001/10/15 20:32

普通の推理小説じゃないです!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 タイトル通りですが、色んな意味で一筋縄にはいかない推理小説です。そのぶん、読者の好き嫌いが明白に分かれます。

 あなたはまず探偵のあまりの多さに驚くはずです。そう、この小説には1人と相場が決まっているはずの探偵役が複数人出てくるのです。

 そしてなにより、その探偵が推理した「犯人」の正体を知ると奇妙な虚脱感ともの凄い驚きでショックを受けると思います。

 「世の中にはこんな推理小説があるのか」という感じなので推理小説を少しでも囓ったことがある人は
ぜひ見てみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示