サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. トーチカさんのレビュー一覧

トーチカさんのレビュー一覧

投稿者:トーチカ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本黄泉に還る

2001/11/23 04:24

還るのです。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 今までこのシリーズを読んできた方は、タイトルを見て、「もしや…」と思った方も多いはず。

 この『霊感探偵倶楽部』シリーズは、古代の姫神(サスラヒメ)を宿した霊能者の息子、大道寺竜憲と、その友人で同じく古代の男神(スサノオ)を宿した、姉崎大輔の周りで起こる不思議な出来事を、2人を取り巻く人、霊能者、陰陽師、神々たちと協力したり、敵対したりしながら解き明かしてゆく話です。

 『霊感探偵倶楽部』シリーズ12冊、『新・霊感探偵倶楽部』シリーズ12冊、そして今回の『黄泉に還る』は『真・霊感探偵倶楽部』シリーズの12冊目であります。

 大神(おおみわ)は月夜見として復活して以来、過去に翔吾が日の戦士として復活した時と同じように、周囲の人々から忘れ去られていく。ただ1人大輔の兄、修一だけは覚えている。
 そしてとうとう竜憲の中の姫神が目覚めた。姫が復活すれば竜憲も忘れ去られるのではないかと焦る大輔だか、竜憲はそんな大輔をよそに1人覚悟を決めている。「大輔は連れて行かない」と…。大輔の中のスサノオだけをつれて行くつもりだったが、大輔も覚悟を決めていたのだ…。
 残された人々は…。
 修一はやはり覚えていたようだ。彼にもなにか特別な力があるのだろうか。謎はまだまだ山積みです。

 この2人の話は、新シリーズとしてまだ続くようだ。そう聞いて、とりあえず一安心しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示