サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ここんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

ここんさんのレビュー一覧

投稿者:ここん

6 件中 1 件~ 6 件を表示

第2部に衝撃を受けました。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本は超ひも理論について書かれてある本です。
第2部には相対性理論と量子力学についても興味深いことが書かれてあります。
超ひも理論もすごい内容なんですが、僕には第2部に書かれてあることのほうが衝撃的でした。
相対性理論によると何者も光速を超えることが出来ない、というのは知っていました。
けれど、まさかこんなとんでもない理屈の上に成り立っている結論だったとは…時空の融合って…ねえ。
しかもこの理論は今のところ現実をちゃんと説明出来ているんだからほんとにすごい。
で、これまたすごいのが、ファインマンの経路総和。
これについてはもう本当に、なんじゃこりゃーってな内容です。すごすぎるよ。ほんと。
ふう。ふ、ふ、ふ、ははははは。
なんかうれしくなってきます。
常識が覆されるっていうか。
良い経験させてもらいました。
これからもこのような本に出会いたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

すごいパワーを感じた本。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

おそらく半年ぐらい前にこの本を読んだのですが、正直何が書いてあったのか忘れてしまいました。でもこの本を読んでいると、心と体が熱くなってきて、居ても立ってもいられなくなり、この気持ちを存分に味わうためにこのまま読むのを途中でやめてしまおうかと迷いつつ読み進めていたのは覚えています。とにかくこの本から感じる岡本太郎さんのパワーはすごい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

少しでも多くの人がこの漫画に出会ってほしい。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この漫画はおそらく僕が今までで一番再読を繰り返した作品です。
一番初めにこの漫画を読んだ時、僕はこれを全巻買いして、徹夜して一気に読みました。
最後まで読み終わったとき(ちょうど夜が明けた頃でした、←ホントですよ^^;)、とても幸せな気持ちになったことを今でも覚えています。 
この漫画については、キャラ、ストーリー、心理描写、絵、ギャグ(?)、どれをとっても非常にイイです。

(^^;)→ 五代裕作が恋をする女性、音無響子さんが非常にイイ! ヤキモチ妬いてる響子さんなんかもうめちゃ可愛い!! ←(^^;)

あと五代の隣人、四谷さんの、漫画でしかありえない完璧さ加減が、この作品の中でいい味出してます。
それから男の僕として、恋の進展の仕方が、いたずらに心をかき乱される内容ではなかったので、それもよかったです。
僕は三年前にこの漫画をあるきっかけで偶然知ることになったのですが(メゾンイッコクという響きだけは子供の頃から記憶の片隅にあった)、少しでも多くの人がこの漫画に出会ってほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

エピソード

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本を読んでから、著者の本を読むようになりました。
著者の本には何かハマるものがあって、
その要素はいろいろあると思うけど、その一つに、
書かれてあるエピソードの面白さがあると思います。
この本にもピカソやスピルバーグなどについてのエピソードが書かれてありますが、
著者が本の中で紹介してくれるエピソードの数々は、
僕にとっては知らかったことばかりで、しかも面白い。
これからも著者の本は、ついつい読んでしまいそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

未来を見る

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

対談集です。いろいろ魅力的な人達が出ておられますが、
その中でも僕が一番衝撃を受けたのが、
苫米地英人さん(コンピュータサイエンティストなど)です。
この方、なんかすごいです。
話の内容、話し方、外見が、かなり魅力的でぶっ飛んでます
(外見がぶっ飛んでいるというのは見た目がめちゃ若いということです。^^;
目。目が輝いてるんです。ああ、なんか失礼なことばかり書いてすいません)。
好奇心の赴くままに研究、仕事をされている感じで、
その内容が本当に面白い。こんな世界があるんだなあ。まさしく先端いってる感じです。
苫米地さんを通して僕の知らなかった魅力的な世界(そして未来)をのぞくことが出来ました。
世の中は、本当に、広いんですね。
今回はそれを本当に痛感しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ゲームの話をしよう 第2集

2002/08/19 17:17

笑いのとれるプロジェクトX。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ファミ通に連載されていた(らしい)対談がまとめられています。
いろいろな人が出てきますが、
その中でも一番印象に残っているのが、
ホリ電機でゲームのコントローラーを作っておられる、
大神佳人さんと松田諭さんとの対談(鼎談?)です。
面白いです。笑えます。興奮します。
対談そのものも面白くて笑えるんですが、
この人達のやっておられることが面白くて、
ああ、なんかいいなあ(^^)って感じです。
笑いのとれるプロジェクトX。そんな感じです。
ほかの対談もバラエティー豊かで面白かったです。
第3集はいつ出るんだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示