サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ぼんぷーさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

ぼんぷーさんのレビュー一覧

投稿者:ぼんぷー

1 件中 1 件~ 1 件を表示

無形資産、ブランド、ナレッジ、IT…がどこへ向かっているかを明示する

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 IT・ナレッジマネジメント・キャッシュフロー・SCM・スコアカード…。続々と日本を襲ってくるキーワードの数々についていくだけで精一杯。そうした私たちの根本的な不安は、「だから結局どうなるのか?」ということではないだろうか。知的財産時代の到来を告げる衝撃の本書は、実にこの点について応えてくれている。ヘタをすると、上辺だけが通り過ぎる、つまり、ブームに過ぎない感もあるキーワード群が、本当のところ世界ではどのように位置し、どこへ向かっていくのか。この書を読めば一目瞭然だ。もはや日本は、目先の部分最適な視点でばかり心配し、なんとかこのまま明かりが差してくるのを待つという姿勢では明日が来ないようだ。目をそむけては次の世代のために何も伝えられないことになってしまう。構造改革を叫ぶだけでは、具体的には何も始まらないのと同じく、本当の価値づくりという「次元」に到達しない限り、個人・企業・国・社会のすべてに明日がないところまで来ているのだ。ではその、価値づくりということの本質は何か。それをどう測り、財務諸表に反映させるのか。本書はそこにまで踏み込んだ希有の書である。個人の生き方や国としてのブランド形成にまで通用する真のマネジメント・モデルともいえ、それが、わかりやすく書かれている。このキツイ現実で「次」を踏み出すためには、座右の書としての役割を果たしてくれると信じる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示