サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 渋谷のジミヘンさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

渋谷のジミヘンさんのレビュー一覧

投稿者:渋谷のジミヘン

1 件中 1 件~ 1 件を表示

翼の影を追え

2003/10/30 11:36

こんな探偵小説を待っていた!!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

真実を突き止めるためには手段を選ばない私立探偵・峰岸。死んだ友人がメールに残した「小さな翼」の謎を追って、必死の追跡がはじまる……。
この作者は、以前、実在の私立探偵を主人公にした『追跡者』(新潮社)というノンフィクションを書いている。徹底した取材で知られる著者だけに、探偵の実態が興味深く描かれていた。私にはこの『翼の影を追え』の方が遥かに面白かった。まず登場人物がいい。探偵の峰岸は、単なる傍観者ではない。登場する女たちも、みな魅力的だ。私は占い師の留美という女が好きになった。峰岸の依頼人は、夭折した天才ロックギタリスト、ジミ・ヘンドリックスの甥と言われる日米ハーフの売れっ子ミュージシャン。下北沢でロックバーを経営する依頼人の父親が突然、姿を消してしまう。その直前に、峰岸の友人が何者かに毒殺される。依頼人の父親は、その殺人事件と何らかの関係がありそうだ。調べてみると、峰岸の友人は殺される前に、依頼人の父親に「あのひとに、小さな翼をあげたい」という謎のメールを送っていた。峰岸は、依頼人の父親の行方を探すと同時に、友人を殺した犯人の影を追い詰めていく。
自己陶酔型のハードボイルドが多い中で、本書の主人公は一味もふた味も違う。ユーモラスでいて繊細、もちろん頼りがいのある男だ。心の底から共感できるものがある。この著者には相当な筆力があって、初めから終わりまでぐいぐい惹きつけていく。そして「小さな翼」の謎が明かされるラストは、大感動ものだ!!  涙なくしては読めない。こんな小説を待っていた。今年最大の収穫だった。著者には、シリーズ化を望みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示