サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ミミさんのレビュー一覧

ミミさんのレビュー一覧

投稿者:ミミ

本当の贅沢!?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いま、いろいろな癒しグッズが出回っていますが、
これは、究極的な癒しなのでは、ないだろうか?

崎山さんの文章からは、常夏の島が織り成す、すばらしい情景だけでなく、
島の人々とのふれあい(生活)が感じ取れます。
まさに、ユートピアなのかもしれません。

通勤電車の中や、営業周りでホッと一息つくときに、読んでみてはいかがでしょうか?
崎山さんの強制しないものの、はっきりとした文章に、少しずつ引き込まれてしまう
作品だとおもいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本本日釣り日和 釣行大全 海外篇

2002/12/03 17:44

釣り好き必読Part2

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

これほど、世界を釣りで回っている人って、開高健さん以来かな?
獏さんもこりずに、世界各地で釣ってますね。

釣りがおりなすドラマを、獏さん独特の感覚で描写しているとってもリラックスできる本。
ついつい笑みがこぼれる作品です。


次は、オーパみたいに写真も入れてほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本本日釣り日和 釣行大全 日本篇

2002/12/03 17:40

釣り好き必読Part1

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

釣り好きの方には、体に毒です。
嫌というほど、獏さんの気持ちがわかるはず。

釣りを通じて、さりげなく、環境問題や自然についてふれている
獏さんの人柄を感じる作品です。

椎名誠、野田知佑を読破した方にもお勧め。

これからは、ワカサギでっせ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ハワイイ紀行

2002/12/03 17:33

ハワイってこんな歴史が…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本人にとって、ハワイと言えばリゾート地。
そんな想像をさせるタイトルでもありますが、
実は、そのハワイにとても複雑で深い歴史がありました。

どうやって、動物はこの島にやってきたのか?
からはじまり、島の誕生、動植物の変遷、そして、人々の歴史をじっくりと
調べ上げて教えてくれる本。

サーフィン、カヌー、フラダンス、すべてにハワイならではの歴史がありました。
是非、読んでみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

さらば、ガク

2002/09/11 10:59

ガクは本当に幸せものだ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

犬を飼い始めてまもなく1年になりますが、ガクと野田さんのような信頼関係が
築けたら最高だと思います。

ガクほどの多くの経験を積むことは、犬ならず人間としても困難で、
その最中いつも野田さんと接していた時間が、ガクにとってかけがえの無い
ものだったに違いない。

読み終わって/見終わって(写真集になってる)、愛犬のみならず家族のことも
考えさせられました。

「カヌー犬・ガク」(小学館文庫)もお奨めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

夢?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

長尾三郎のならではのタイトルに見せられて購入した本であり、
「登山を知らない!」「小西政継を知らない」私であったが、
登山本にはまるきっかけを作った本。

山岳同士会でのリーダー像は、まさに企業人や部下を持つマネージャーには必読。

小西のこだわりつづけた無酸素登山に対しても、晩年は酸素を吸ってでも
周囲を盛り立てつつ8000mに挑んだ姿が感動でもあり小西の人間味でもある。

登山愛好家のみならず、多くの読者に勧めたい一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

狼は帰らず

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

森田勝のただ者人物像を、佐瀬稔ならではの鋭い推察により、
浮かび上がらせた名作。
ハングリー精神を失った1970年代のサラリーマン世代に送るべき作品。
「なぜ、それほどまで彼は山にこだわったのか?」
富や名誉だけでは語れない、自己の確立を目指した森田勝の激しさに共感。
同一著者の『長谷川恒男虚空の登攀者』と合わせて読んで頂きたい1冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する