サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. たるほさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

たるほさんのレビュー一覧

投稿者:たるほ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本西の魔女が死んだ

2001/12/20 00:30

とにかく読みましょう

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 20代半ばほどに、初めて読んだ梨木香歩さんの本です。
 「まいが生まれたことを感謝する」と言うおばあちゃん。こういう言葉だけで、どれだけ追いつめられた人ひと(子供だけではないでしょう)が、どれだけ救われるか。ひとの名前を丁寧に呼びかけていく印象が強いのは、裏庭にも通じるところがあると感じます(思いこみかな)。やたら、大人が読むことを意識したつまらない本/絵本が多い中、梨木香歩さんの本はどんな年齢の方にも、つよくおすすめできます。というか、読みましょう。 :-)
 裏庭(文庫版)では、大きくなったまいの物語が読めます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

尾崎翠の入門書?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ちくま日本文学全集が出始めの頃に、帯の文句(今夜、苔が恋を始めたとか何とかだったか)と、美しい水彩画の表紙に惹かれて購入しました。電車に乗って読み始めて、最初のこほろぎ嬢を2ページ読み進めただけで、嬉しくて最初に戻って読み返し始めました。第七官界彷徨に至っては、狂喜してましたね。無風帯からも、哀感があり切なく、とても好きです。尾崎翠は、好き嫌い(合う合わない)があると思いますが、一度手に取ってみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示