サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. きむこさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

きむこさんのレビュー一覧

投稿者:きむこ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

蕭々館日録

2001/12/21 18:26

ここちよい哀しみ。哀惜の大正・芥川……

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 おもしろく、けれどどこか哀しい本。華やかな場面が続く。けれどもなぜか淋しいのである。
 大正という時代は「モガ」や「モボ」が生まれ、「大正ロマン」という言葉もうまれた華やかな時代。芥川龍之介はその才能で、一世を風靡した小説家。そんな時代の申し子のような芥川を中心にした当時のサロンの様子が書かれている。

 しかし、その華やかな大正も芥川もやがてなくなる…。私たちは、それを知っているから、華やかな場面でも哀しくなるのである。

 長い髪をかきあげる九鬼(芥川がモデル)、「麗子像」の格好をした5歳の麗子ちゃん(漱石の「猫」の猫のように大人たちを冷静にみる)、「大頭脳」のヒロシ君、金貸しの中馬さんも迷々さん(「猫の迷亭さんがモデル)、その他登場人物が目に浮かぶようなところは、さすが久世光彦はTVの人だ。

 久世光彦は、これまで向田邦子の作品をベースに新春ドラマを作り続けてきた。それらはすべてに、ここちよい哀しみがベースとなっていた。今度は、「蕭々館日録」を是非、観たいものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示