サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 高島K史さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

高島K史さんのレビュー一覧

投稿者:高島K史

3 件中 1 件~ 3 件を表示

実録企画モノ

2004/02/16 01:18

サイバラに匹敵するカルトAV女優

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

朝日新聞だったか、西原理恵子の「できるかなv3」の書評がでた時、サイバラに唯一対抗できる作家として卯月妙子の名前があがっていた。しかし朝日新聞の書評欄の読者で、卯月妙子が何者なのか知る人は何割なのだろうか。

卯月妙子は「ヒジョーに貧乏な家庭の主婦をやるかたわら、企画モノをやって」いる「流しのAV女優」である、らしい。というのも私はそのビデオを見たことがない。彼女「の出ているビデオは『アダルトショップ』にしか」ないらしいからである。

これはその卯月妙子がAV業界の裏をネタにしたショートギャグエッセイである。

それにしても濃い。濃すぎる。このひと、その世界では「ウンコの卯月」と言われているなどという話をはじめ、とんでもないことをやってやってやりまくっている。SMやスカトロといった、遠い世界の出来事が、あたりまえのように「仕事」として繰り広げられる。私は飯島愛の「プラトニックセックス」で、AV業界の裏見たり、とか思っていたけれど、いやいや、企画モノの裏って……比べもに鳴らないくらい劣悪だ。

絵柄はコミカルで小さいコマに絵と文字がびっしりで、すこし読みにくい。エロいシーンは一般的な意味合いではあまりエロくなく、なんていうか、ほとんど気持ち悪い。でも読んでしまう。仕事や私生活の上での辛い出来事を、自らを痛めつけるようにネタにして無理矢理笑いにしてしまっている、このパワーに圧倒されるのだと思う。そう、圧倒的だ。
どう言う風に圧倒的か色々ここに紹介したいのだが、削除されちゃうとヤなので、それは本書を読んでいただきたい。でもご飯を食べながら読まない方が良いと思う。

ところで、後半には出産の話が載っている。生命誕生の喜び、なんてまったく感じられない、やる気のない妊婦・卯月は、看護婦も助産婦もいない夜の病院でひとり奮闘する。読んでいて、まじめに子供を産め!!と思いつつ、あぁ、やっぱり子供産むのってそんなに痛いんだ……、と感じたのが印象的だった。数ある出産漫画にも痛い痛いって描いてあるけれど、これは本当に痛いってことが伝わってきた。この人の絵柄はコミカルであるけれども、そのぶん、痛み、憎しみ、辛さ、などが非常にデフォルメされた形で投げ付けられるのだ。


最後には旦那さんの自殺の話が載っている。卯月妙子はそれをあまりにあっけらかんとネタにしている。あまりにも痛すぎる。なぜ、ここまで??と思う。
ここまでくるともうこれは笑いではない。説明のつかない強烈な怒りと憎しみがべたべたと画面に塗りたくられているように思える。それは笑いにひっくり返すことのできないほどの怒りと憎しみ、そして絶望なのだ。そしてこの漫画のなかで卯月妙子は崩壊してしまっている。

そして私はこの本をもう開くことができなくなっている。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本白い薔薇の淵まで

2003/11/28 10:49

ひとたび恋に落ちたら、もう二度と地球に戻って来れないような、そんな苛烈な恋愛小説です。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この作品を読むまで中山可穂という名前も、これが山本周五郎賞受賞作というのも知らなかった。図書館だった。ふと目に付いた「白い薔薇の淵まで」というタイトルの不穏な美しさに惹かれて読み出すと止まらなかった。閉館時間も忘れ、近くのソファーに腰を下ろして耽読した。それは「耽読」という言い方がまさに相応しい。

 読書経験を重ねると「感動」というものに免疫が出来てしまうようだ、と最近私は思っている。特に「感動」が売りの恋愛小説に関してすっかり「すれっからし(笑)」になってしまい、巷で話題の恋愛小説を手にとっても「ありがちじゃん」と不満を募らせ、結局、古典に帰ったりする。ところが、この「白い薔薇の淵まで」には見事に感動させられてしまった。どうしてだろう?
 たぶんそれは、中山可穂の切実さに胸を打たれてしまうからだ。自分をむき出しにしてまでわかってほしい、という思いに溢れた文章の力強さ。一歩間違えればただの、芸術に昇華できない自意識過剰に過ぎないかもしれないこの力で、読まされる。

 中山可穂の作品はほぼ全てが女性同士の性愛を描いたものである。この「白い薔薇の淵まで」も、ジャン・ジュネの再来と謳われる新人小説家=塁と平凡なOL=クーチの、女性同士の、苛烈な恋愛を描いたものである。

 恋愛小説と言うのはおおざっぱに言ってしまえば、コミュニケーションとディスコミュニケーションに関する小説のことだが、この作品はコミュニケーションの不全が大きな問題になっている。そしてその問題は、エキセントリックな人格を持つ塁の言動によって、普遍性からは遠ざかったもののように見みえるが、結局は、誰かが誰かを好きになっている、という原始的な、それだけの問題なのだ。この小説の普遍性、小説世界と現実世界のつながりはそこに集約されるだろう。
(だから同性愛というモティーフを敬遠してこの本を手に取らないというのはちょっと残念なことだと思う、とも付け加えておこう)。

 あとがきに「少数の読者に深く愛される作家であり続けたい」とある。普通、作家が「少数の読者に」などと言う時は、負け惜しみじゃないのか、と私は思ったものだが、中山可穂の場合それは実に切実な気持なのだろうと思う。中山可穂は、イコール、彼女の本、と言ってもいいのではないか、そう思ってしまうようなとてもいいあとがきであり、ちょっとこれは小説を読みはじめる前に目を通すといいのではないか、と感じた。

 ところで中山可穂の今の所の最高傑作はわたし的にも客観的にも、この「白い薔薇の淵まで」と言って良いだろう。これ以降から現在までの作品は、割と大人しいというか、モラトリアム期間中というか、「白い薔薇〜」以前(主に「猫背の王子」「天使の骨」などのミチルシリーズ)ほどのあぶなっかしさがない。ともすると破綻してしまうような構成のアンバランスさと、人物のエキセントリックさ、これが中山可穂の最大の魅力であり本質であると私は思っているから、またそれを長篇でやってほしいなぁ、とひとりのファンとして勝手に期待している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本四季 冬

2004/03/07 17:26

哀しい読後感

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

え? え? え? というのが読み終えた感想。
「春」、「夏」、「秋」、で曖昧だった謎が「冬」では奇麗に解けるかと期待していたための印象かもしれません。いや、確かに「秋」に登場した四季の謎めいた言葉の意味はやっとわかりました。「時間」と「空間」から乖離していたということがどういったことだったのか。

それにしてもなんていうか、非常に判りにくい話です。
ストーリーというようなものはなく、ストーリーの断片がきれぎれに提示され、読者は想像力を働かせてそれをつなぎあわせて読む仕掛けになっているようです。まるで四季の回想録のようでもあるし、仮想現実のようでもある。

ところで、森博嗣は以前から散文調の文章を書く人でしたが、この本ではそれが顕著です。なんていうか、専門用語の頻出する理論的な文章と散文のギャップがこの人の面白いところだと思っていたのですが、この本ではどうやら散文の比重が多すぎるようにも思いました。一行ごとに改行してあり、頁の半分から下が真っ白、というこれは意図的なものなのかもしれませんが、私としては釈然としないものを感じました。

面白かったのは、四季が犀川先生に対する心境を語るところでしょうか。そういうのをはじめとして、ここにきて四季が初めて心情を吐露するんですね。自分自身も偽りながらゆっくりと。しかし、最終的にその孤独を晒す相手が人間ではなかったことがなんとも哀しいと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示