サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 古祁 さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

古祁 さんのレビュー一覧

投稿者:古祁 

1 件中 1 件~ 1 件を表示

青矢さまの和服姿が超H!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 京都の名門萩小路家の次期当主・青矢さま(16)は、おじい様が取り付けた見合い話を台無しにしてしまう。幽閉された青矢さまは、萩小路家が信仰している寺の神主に助けを求める。神主は神の力で青矢を助けるが、実は、彼の体を神への供物とすることが目的だった。一方、10年間、青矢に仕える世話人・高倉は、人知れず青矢さまに思慕の念を抱いていた。神主の陰謀に気づいた高倉は、青矢さまを助けようと試みる…。
 キャラに連載されていたにしては、H度は高め。しかも、エッチシーンは、神様との神聖なる交わり、とされているので、妙に色っぽい…(特に着物を着てるところとかが何とも言えず)。秋月こう(原作)×東城麻美(作画)というコンビも注目ながら、秋月氏の、登場人物の心理描写はさすがである。青矢の一見矛盾しているような心理も、強引にまとめ上げる。かなわぬ恋に身を焦がす「高倉」は、ボーイズラブではお約束的なキャラだと思うのだが、そこに嫌味がないのがいい。
 それから、何と言っても見所は、青矢さまのタカビーな性格とせりふ。わがままでプライドが高い、要するに単なるお坊ちゃまなのだが、高倉の視線を通して語られると、なんともまあかわいらしく健気な少年として目に映る。
 一途な高倉の想いが今後、どう障害になっていくのか楽しみなところである

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示