サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 合歓さんのレビュー一覧

合歓さんのレビュー一覧

投稿者:合歓

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本夢・出逢い・魔性

2002/05/20 15:25

本格好きは期待しないで

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本格!と名高い森さんですが、これはそうでもないです。Vシリーズンの中でも、テンションは割りと低め。保呂草もあまり活躍しません。中心なのは小鳥遊練無と瀬在丸紅子と香具山紫子。相変わらずのあの「喋り」とあの「お洋服」で大活躍でした。会話のノリも思わず笑ってしまうようなものばかり。ファンサーヴィス旺盛だなという気がしました。
しかし、メステリじたいはまあまあというところでしょうか。結局そうなの? とがっかりです。意外は意外でしたが、精神的なところへもってゆくのか…と。とくに「凄いトリックだ!」とは思えませんでした。今回はキャラで読ませる手法なのかもしれませんが…。
ただ、さいごにあの人が女性だったっていうのは(※小鳥遊練無のことではありません)、やっぱな、と思いつつ、叙述トリックは相変わらず冴えてるぜ、と思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本Unknown

2002/05/20 15:17

優等生ミステリ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

メフィスト賞受賞作の中では、かなり優等生の部類に入るのではないでしょうか? つまり、あまりにも本格と言うことです。どんでん返しもないし、特に難しい仕掛けもない。半分くらい読むとはっきり言って犯人わかります。自衛隊っていう設定から言って、内部の犯行だって言うのは予想つくし…?
しかし! その自衛隊、という設定がかなり興味深い。「なんとかでありますっ!(敬礼)」みたいな喋り方をする軍人がでてきて、その人たちの生活ぶりが一種の見所。
そして、探偵役も軍人なのですが、ちょっと謎めいてはいるものの、まあ、探偵ってこんなかんじだなという理想の探偵像と言う感じです。でも好感は持てる。
作者自身が自衛隊に居たことがあるそうなので、やはり、内部から外部からと、自衛隊の存在意義なども様々な方面から指摘されていてそこもおもしろかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示