サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. そうびさんのレビュー一覧

そうびさんのレビュー一覧

投稿者:そうび

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本アリスの不思議なお店

2002/05/18 17:35

アリスは比喩

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者が自分の娘に贈った、不思議な世界の不思議なモノの数々。まるで老舗の骨董品屋さんに居るような錯覚に陥ってしまいます。ん〜、酔わせますねえ。写真と絵そして文字が、コラージュのように散りばめられていて美しいの! 全ページ、厚くて質感のイイ紙が使われています。
日本でいうと、「クラフト・エヴィング商会」的なまったく実用的じゃないけれど素敵な本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本おおいぬ荘の人々 3

2002/05/18 17:40

おおいぬ荘の秋の日々

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

おおいぬ荘の人々…って、「楡家の人々」とか「チボー家の人々」とかを意識して付けられたんでしょうか?随分大仰な印象を受けますが、内容を的確に反映しているともいえるとも思います。
☆ストーリー☆
『おおいぬ荘』にやってきたコブつきの映画監督は、甥である少年を「ホモの館(=おおいぬ荘」に預けたいという。しかし第三の男が現れ、事態は複雑に…。
しかし複雑といえど、デフォルメされた人格を持つキャラクターたちは親しみやすく、かわいらしいです。おおいぬ荘の秋の日々。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示