サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 担当編集者さんのレビュー一覧

担当編集者さんのレビュー一覧

投稿者:担当編集者

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本誰が日本経済を救えるのか!

2002/02/05 17:28

【編集者コメント】「エコノミスト」の発言・文献を通して、経済政策が一気にわかる!

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

●本書の編集に携わった者です。心をこめた本ができたので、アピールさせていただきます。著者は、『月刊文藝春秋』誌上の「エコノミストランキング(本当の実力)」で話題を呼んだ東谷暁氏です。●本書は、失われた10年の経済政策を振り返り、今後、一体どの経済政策が有効なのかを、立場を異にする「エコノミスト」の発言と文献考証をもとに、多角的に検証しています。●「構造改革」か「景気優先」か。「財政出動」か「金融緩和」か。いま、何をすべきなのか——。本書は、本文はもとより、豊富な図や脚註で、丹念に内容をフォローしている逸品です。●取り上げるエコノミスト(敬称略)は、テレビや雑誌・新聞等で知名度のある、竹中平蔵、中谷巌、リチャード・クー、森永卓郎、木村剛、金子勝、加藤寛、榊原英資、植草一秀、伊藤元重、水谷研治、斉藤精一郎、島田晴雄、野口悠紀雄、山家悠紀夫、田中直毅、武者陵司、吉川元忠、高木勝、長谷川慶太郎、などから、井堀利宏・東京大学教授、岩田規久男・学習院大学教授、小野善康・大阪大学教授、池尾和人・慶應大学教授、吉冨勝・アジア開発銀行研究所長、嶋中雄二・三和総研調査部長、小林慶一郎・経済産業省研究員、深尾光洋・慶應大学教授、ポール・クルーグマン教授、フェルドマン、グリーンスパン、などまで、多数が登場します。●ぜひとも本書をご一読いただき、経済についてともに考えましょう! 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示