サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 青木 春重さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

青木 春重さんのレビュー一覧

投稿者:青木 春重

1 件中 1 件~ 1 件を表示

乱世山城国伝

2002/02/10 14:14

歴史オンチがススメる歴史小説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ハッキリいって歴史オンチの私。本は分厚く、難しい言葉もたくさん出てきそうな気がする。最後まで読めるかなあ…。ところが、これが読み出したらもうとまらない!
 「歴史」を知るという事は、かつて生きていた人々が何を思いどう行動していったかということなのですね。学生時代、年号や人名や言葉を覚えるだけで、「歴史」が自分とつなっがているなんて実感,全然持てなかった。さまざまな出来事の意味や本当の価値など考えたこともなかった。そんな私が、500年前に民衆の力で戦乱を終わらせた事や民衆の国が8年も続いたという事を深い感動と共に実感できたんです!

 登場人物1人1人が、本当に魅力的で彼等に引っ張られてグイグイ読めました。特に、主人公九郎の心の動きはとても丁寧に描かれています。生きる気力さえ失っていた九郎ですが、困難な中、精一杯人間らしくいきている人々のなかで生きる力を取り戻し、人間性に目覚めていきます。自分の下で働いて欲しいという狛山城守秀(狛秀)の申し出に、「自分の主人は自分でありたい」とキッパリというくだりはとても印象的でした。また、自分の居場所はどこだろうと探し求める姿はせつないまでに胸に迫ります。
 物語は、さまざまな立場や背景の登場人物から見た戦乱の世も語られます。まるで何本もの糸のようです。そして、それはやがて1本の太い束となってクライマックスへと向かいます。重厚です。ひとつひとつ研ぎ澄まされた言葉が、物語により一層の緊迫感をもたらします。

 歴史オンチの私ですらこんなに楽しめたのだから、歴史に明るい人ならきっと何倍も楽しめることでしょう。ぜひ、読んでみてください!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示