サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. GIEVESさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

GIEVESさんのレビュー一覧

投稿者:GIEVES

2 件中 1 件~ 2 件を表示

モバイルマーケティングはこれを読もう

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

モバイルマーケティングに関してはたくさんの本が出ているが、この本は第一線で実際にモバイルマーケティングによってお金を自らも生み、クライアントにもプロフィットをもたらしているモバイル・メディアレップによって書かれている点で具体性、面白みが違うと思う。日々トライアンドエラーを繰り返し、日本のモバイルマーケティングを引っ張っている気概が感じられます。豊富な事例を用い、マーケティング業界の人たちにも分かりやすい言葉で書かれているので、入門者にも最適でしょう。続編の機会があれば全編事例のみ、というのを期待してしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ファッション業界入門書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 私のようなファッション業界にあまり詳しくないものにとって、著者が解き明かしてくれるいろんなエピソードはとても興味深いものがあります。
 前半のクリスチャン・ディオールやイブ・サンローランの時代、中盤の日本に海外ブランドが流入し始めた時代、そして終盤はトップモデルとブランドビジネス(の共犯関係!)、モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンやグッチなどブランド財閥の形成やブランド・ビジネスの近代化まで、メーカーでもない、デザイナーでもない、ジャーナリストならではの広い視点で描いています。特にベルナール・アルノー率いるモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンのブランド・ポートフォリオ経営は興味が引かれるところでしょう。
 個人的にはこちらのサイトにあるようなギーブス&ホークス、ターンブル&アッサーなどの英国ブランドはいつまでも独立し、英国企業であり、かつ英国的であって欲しいものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示