サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. てぬぐいさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

てぬぐいさんのレビュー一覧

投稿者:てぬぐい

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本壬生義士伝 上

2003/01/20 11:53

辛夷の花

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一つ一つ、吉村貫一郎という侍の像に肉付けがされていく。
そして、その独白が淡々と、訥々と紡ぎ出される。
物語の中盤も過ぎ、その像がだいぶくっきりとした輪郭を結ぶころ、吉村が辛夷の花が好きだとつぶやく。
「ほかの花は温かくなってから咲くのに、辛夷の花だけは北風に向かって咲く」と。
なぜか突然、涙が止まらなくなった。
僕の中に形作られた、吉村貫一郎の像と、北風に向かって咲く辛夷の花が、あまりにもぴたりと重なり過ぎた。

新撰組は不思議だ。
百人いれば百通りの「カタチ」がある。
僕の中で土方は、この土方でしかありえないし、近藤にしろ沖田にしろ、それぞれに明確な「カタチ」を持っている。
そして、このカタチからはずれて描かれるとき、憤りすら覚えたりする。

これから先、吉村貫一郎がこの「カタチ」以外で描かれると、きっと怒ってしまうのだろうなぁ…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本もの食う人びと

2003/01/10 11:36

食べる風景のフルコース

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

カラスや野犬と争いながら、残飯をあさる子供を見た筆者、
「食べ残すということが罪ならば、この子達がその罪をあがなっている」。
たとえば夕べ、炊飯器には数粒とはいえ米が残っていた。
これを洗って流してしまうか、きちんと茶碗に注ぎきって食べるか。
この二つの行為のはざ間に、「罪」が横たわっている。

巨大レストランのオーナーは言う。
「食べる快楽は、階級・宗教・身分に関係ない」。
果たして本当にそうだろうか?と考えてしまう。
そう、そのレストランに入れない人は?と。
この二つの人間のはざ間に、「身分」が横たわっている。

日本人が立ち食いそばを食べるのにかける時間が2分30秒。
ベトナム人がフォーを食べるのにかける時間は10分以上。
これが10年前の姿。
今のベトナムでは、一杯のフォーにどのくらいの時間が費やされているのだろう?
この二つの時間のはざ間に、「意味」が横たわっている。

とある炭鉱の町で、重労働のあとに食った一杯のスープ。
何もしない一日のあと食った同じ一杯のスープ。
前者を「死ぬほどうまい」と言い、後者はそれほどでもないと感じる。
この二つの感覚のはざ間に、「価値」が横たわっている。



食うという営みと、食うための営み。
その無限の連鎖が淡々と描き出される。
あらゆる国・文化・環境において、当然のごとく異なるそれらの鎖。
いずれが正しいのか、いずれがあるべき姿なのか。
それを訴えかけるわけではない。
ただ、筆者が入り込み、捉えた「もの食う風景」。
ある風景は悲しく、ある風景は楽しく、そしてある風景は残酷。
禽獣も人もそう変わらない…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

魔法物理学なんていう言葉もありましたっけ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 『スプリガン』というマンガをご存知だろうか?
その登場人物の一人、ティア・フラットは言う。
「魔法ってそんなに万能のものじゃないの」「いつか科学と同じ次元で説明ができる」と。
 アルテミスの世界で妖精たちが用いるのは、まさしくそういった意味での「魔法」だ。
いわゆるファンタジーの魔法はここではごくごく補助的なもの、妖精たちは超科学の兵器で武装している。
どんな兵器が出てくるかは、本編のお楽しみとして。
 アルテミスはその頭脳を武器に戦いを挑む。
 新らしい姿を与えられた世界、複雑に張り巡らされた伏線、妖精たちとの間に繰り広げられる心理戦、ウィットに富んだ台詞回し…
 ファンタジーというよりはSFなのかもしれない。
どちらにせよ、「子供の本」にとどまらないことは確かである。

おまけについている暗号解読が、簡単すぎるあたりちょっと減点して、星4つ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示