サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ヨーロウさんのレビュー一覧

ヨーロウさんのレビュー一覧

投稿者:ヨーロウ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本向日葵の咲かない夏

2005/11/24 09:14

これまでなかったミステリ

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

読了して、まず、仕掛けに驚いた。もう一回読んで、散りばめられた伏線の見事さに驚いた。
トリックだけを取り上げてみても、ミステリ作品としてのレベルは、かなり高いのではないか。もちろん、フェア/アンフェアの問題もあろうし、巨視的な捉え方をすれば、トリックの発想に前例がないわけではない。しかしこの作品には、そんな議論を撥ね付けるだけの力がある。この作品のすごさはむしろ、トリックがメインの小説ではないというところにあるからだ。
冒頭の、郷愁を誘うような語りだしに始まり、「事件」部分のスピーディーな展開を走り抜け、驚愕のラストに向かって物語は一気に突き進む。とくに後半のスピード感は、ものすごい。そして、物語全体に漂う、哀しさ、切なさ。ところどころで挿入されるユーモアが、そこに味を添えている。
高水準のミステリにしては珍しいことだろうが、ミステリファンじゃなくても楽しめる作品だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示