サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. どんとさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

どんとさんのレビュー一覧

投稿者:どんと

1 件中 1 件~ 1 件を表示

ことばのアルバム

2002/02/16 13:54

子どもに残してあげられるものは何だろう?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 最近よくある、書き込んでいくことによって完成する本だ、と思って手にとった。ただし、自分史を書くような、内省的なテーマはそこにはない。親と子どもの対話が基本にある。本を開き、展開される設問に答えていくことで、一冊の、その子だけの「ことばのアルバム」が完成する。面白そうだ。まず自分でやってみよう。
 そして、最初の設問。「あいってなあに?」ときた。どきり、とさせる。「どんなかたちをしているの?」…愛、あい、アイ…。常識も、言語能力も普通にある大人のはずの私が、どきどきしている。きちんと答えられないかもしれない。私の愛のかたちはイビツかもしれない。様々な想いが頭をよぎるとき、あなたは既に作者の思惑に嵌っているのだ。
 この本は、子どもの「ことば」を大切に聞き取ろうとすればするほど、自分と子どもとの関係性を見直すプロセスを要求する。時に心地よく、時に面倒くさいこのプロセスが、人生の至福の時間であることに気づくのにそう時間はかからない。
 子どもに残してあげられるもの。それは、彼らのことばを大切に聞こうとする姿勢であり、そのことばに教えられて変化していく自分の心であり、そのプロセスを経て深まっていく私なりの「愛」の実践である。
 恋人同士や老夫婦には、お互いが「いい関係」にあるかどうかチェックするときにも使える(私はギフト用に5冊購入)お勧め度★★★★★★★★★★!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示