サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ダンボさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

ダンボさんのレビュー一覧

投稿者:ダンボ

9 件中 1 件~ 9 件を表示

紗南が人形病!?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

倉田紗南は、芸能界で活躍中の元気な中学生。小学生のとき、母・美沙子が、紗南の出生の秘密を書いたエッセイを出版。そのエッセイの発売の騒動の中、紗南の心のささえになったのが、同じクラスの羽山だった。だが、紗南と羽山の仲は簡単にはうまくいかなかった。中学生になってすぐ、映画のロケで学校を休んだ。その間に、親友の風花と羽山が恋人同士になっていたのだ。その後、羽山と同じクラスの小森が行方不明になる事件も起きた。羽山は小森を探し、連れて帰ってきた。でも、腕を刺されて大ケガを。一命はとりとめたものの、羽山の右手にはマヒが残ってしまった…。その入院中、羽山にとって大事なのは紗南だと知った風花は、羽山と別れた。そして、ついに、2人は「両想い」に。だが、羽山が父の転勤でロスに行くことに。そのショックから、紗南は「人形病」という心の病気になり、笑顔が消えてしまった。本人は笑ってるつもりでも、全然顔が笑ってないのだ。紗南は7歳のときにもこの病気にかかっている。そのときは、偶然出会った直澄の優しい言葉がきっかけで治っているのだが…!?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

遂に紗南と羽山両想い…。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

倉田紗南は、芸能界で活躍中の元気な中学生。小学生のとき、母・美沙子が、紗南の出生の秘密を書いたエッセイを出版。そのエッセイの発売の騒動の中、紗南の心のささえになったのが、同じクラスの羽山だった。中学生になり、紗南は同じクラスの風花と友達になった。しかし、映画のロケで、学校を休んでいる間に、その風花が羽山と恋人同士に。それを知った紗南はショックを受けた。でも、久しぶりに行った学校で、紗南と羽山は、2人共お互いのことが好きだったことを知る。だが、風花のことを思い、紗南は2人の前から姿を消すことを決意。仕事に集中し、学校を休むことにした。そんな中、羽山は停学になるなど荒れていた。羽山のことが心配で久しぶりに登校した紗南。すると学校では、小森が“羽山に傷つけられたから自殺する”と置き手紙を残して行方不明に。プリントの「親しい友人」の欄に名前を書いていいかと聞かれた羽山が、本当の友達を書けと言ったのが原因だった。羽山は小森を探しに出かけた。行く直前、羽山は紗南に「やっぱりお前が好きだ」と言い残した。無事を祈る紗南だが…!?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紗南がケガ、そして自分の気持ちにきづく!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

倉田紗南は、TVやCMで活躍中の元気な中学生。小学生のとき、母・美沙子が、紗南の出生の秘密を書いたエッセイを出版。そのエッセイの発売で、紗南の本当の母親が現れたりしたが、倉田母子の絆はより強くなった。そして、そんな大変な時期に紗南の心のささえになったのが、同じクラスの羽山だった。中学生になり、紗南は同じクラスの風花と友達になった。だが、映画の撮影で、長い間学校を休むことに。そのロケ中に紗南と直澄が「恋人宣言」というウソの記事が週刊誌に出てしまう。おかげで紗南は、事に怒った直澄のファンに襲われて、足を骨折。そのうえ、羽山と風花が付き合ってることを知り、ショックを受ける。だが、心と体の痛みに耐えてロケは無事終了。そのロケ中に羽山のことが好きだと気づいた紗南は、久しぶりに学校へ。そんなとき、直澄がTVで、紗南の本当に好きな人は「ロケに発つ朝、ジョギングしながら見送りに来た人」と発言。その人とは、羽山なのだ。羽山に本当の気持を知られてしまった紗南は…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

長期ロケ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

倉田紗南はTVやCMで活躍中。母・美沙子は小説家で、紗南の出生の秘密を書いたエッセイを出版。今の生活がこわれるのではと不安になった紗南だが、そんな時、心の支えになったのが羽山だった。エッセイの発売で、紗南の本当の母親が現れたりしたが、紗南と美沙子は親子の絆をいままでよりも強くした。中学生になり、風花という新しい友達もできた紗南。だが、映画のロケのため、長い間学校を休むことに。ロケに出発する朝、羽山が見送りにきた。そのとき、羽山に「話がある」と言われたが、結局何も聞けなかった。そのこともあり、紗南はロケ中に羽山のことをよく思いだしていた。そんなとき、紗南と直澄が「恋人宣言」というウソが雑誌に出てしまう。この記事に起こった直澄のファンに紗南が襲われて……!?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紗南の本当の母登場。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

倉田紗南はTVやCMで活躍中。小学6年生のときは、荒れたクラスに悩まされたが、その張本人・羽山も紗南には心を開くようになり解決した。そんなとき、母・美沙子(小説家)のエッセイが発売された。そこには、紗南の出生に秘密が書かれている。今の生活がこわれるのではと不安になる紗南…。そんな紗南を元気づけ、心の支えになったのが羽山だった。エッセイ発売で、紗南の本当の母親が現れた。紗南は、自分を産んでくれたことに感謝するが、二度と会わないと約束する。そして、紗南と美沙子は親子の絆をより強くした。羽山は、紗南に自分の気持ちを伝えようとするが言えず、キスしてしまう。しかし紗南は、羽山の気持に気づかない。2人は微妙な関係のまま中学生になった。中学生に入ると紗南は、羽山とクラスが離れたが、風花という大阪から戻ってきた女の子と友達になった。そして、風花のファーストキスを奪ったのが羽山と知った紗南は…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紗南の支えは羽山☆☆

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

倉田紗南はTVやCMで活躍中の小学6年生。荒れたクラスも平和になり、その張本人・羽山も紗南には心を開くようになっていた。そんなとき、母・美沙子のエッセイ「娘と私」が発売されることに。そこには、紗南が生まれてすぐ、公園のベンチに捨てられていたことが書かれている。エッセイの発売は5歳のときからの約束。出生の秘密がバレるのは仕方ないと思い、秘密を知る直澄が現れても平気な紗南。でも、美沙子との今の楽しい毎日がなくなってしまうのでは、と思うと不安だった。そんなとき、羽山が言ってくれた「泣きたくなったらオレのとこに来い」という言葉が支えになっていた。エッセイが発売された。予想通りマスコミは大騒ぎし、倉田家を取り囲んだ。そこへ紗南を連れ出しに羽山がやってきた。ほっとして涙を流す紗南だったが……。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紗南と羽山がキス?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

倉田紗南は元気な小学6年生の女の子。ただいま人気TV番組「こどものおもちゃ」に出演中。そんな紗南の通う6年3組は、メチャクチャに荒れていた。仕切っていたのは、羽山秋人。だが、紗南が羽山の弱みをにぎり、問題は解決。羽山の性格は家庭に原因があることに気づいた紗南は、ドラマをがんばり、羽山家にも平和をもたらした。そうして、少しずつ、羽山は紗南に心を開いていった。いきなりキスをして、大騒ぎになることもあったが…。それでも、恋人と思っていた玲くんが元恋人の女優・麻子さんとよりを戻してショックを受ける紗南を羽山がなぐさめたり、父が倒れてぼうぜんとする羽山を紗南がなぐさめたり、2人は助け合う仲になっていった。そんなとき、剛が学校を無断欠席する事件が…!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

とにかくおもしろい!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

倉田紗南は元気な小学6年生の女の子。ただいま人気TV番組「こどものおもちゃ」に出演中。ちょっと変わっている小説家の母・美沙子や、有能なマネージャー・玲くんに囲まれて、紗南は幸せいっぱい。そんな紗南の通う6年3組は、メチャクチャに荒れたクラス。ぜんぜん授業にもならない仕切っているのは、羽山秋人。面倒なことは避けたい、と思う紗南だったが、怒りが爆発。羽山と対決することに。結局、紗南が羽山の弱みをにぎり、問題は解決。だが、羽山が悪魔のようなヤツになったのは、冷たい家族のせいだった。彼を産んだとき母親が死んだことで、姉に“悪魔”と言われ続けているのだ。それを知った紗南は、今度のドラマが似たような設定のため、羽山親子に見てもらえるよう一生懸命頑張った。ドラマは大成功し、羽山の家族もなんとなく絆を取り戻しそうな気配だが……。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

揺れる乙女心!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

高1の未央は、四ツ葉学園の芸能科に籍をおく女優さん。大企業のSOMYグループをバックにつけて一哉たちが製作中の映画“プライヴート藍”の主役だ。未央は、映画製作に参加している中で、本当は一哉のことが好きな自分に気づく。ところが、未央の親友の彩と接する一哉を見て傷ついた未央は、自分と付き合おうと言ってくれた収と付き合うが、心の奥の想いは、すぐ収の知るところに…。ショックを受ける収だが、未央の気持を受け入れてくれた。その後、未央の気持に応えてやれやと一哉につめよる収だったが、一哉はそれを拒絶!! いそうろうしていた一哉の家をとび出した収だが、一哉の学校欠席をきっかけに徐々に仲をとりもどしていく。そんな時、映画製作が中止になったという知らせが入った……!?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

9 件中 1 件~ 9 件を表示